オカッパリ カワハギ(カワハギの波止釣り)/ポイント&釣り方編

シェアする

スポンサーリンク

カワハギを手軽に波止から釣るオカッパリカワハギ。ポイントや釣り方を紹介します。

タックル&エサ編はこちら

カワハギのポイント選び

潮通しの良い波止や護岸を狙え!

カワハギは海底が砂地(砂は粗めでもよい)で岩礁帯が点在しており、潮通しがよい場所を好みます。潮がじわりとしか動かないような港湾奥部より、潮がよく動くエリアの港の方がよく釣れます。

釣り場に着いたらまずは波止際をのぞいてみよう。5〜10cmの小カワハギたちが泳いでいれば、そこは狙うべきポイント。その小カワハギのタナの下や少し離れた場所に大きなサイズがいたりします。小カワハギの下に良型がいることも!

小さくてもカワハギが泳いでいるのが見えたらチャンス!

あとは1ヶ所で粘らずにとにかく探していくことも大切。波止の先端やコーナー部など潮が変化しやすい所、浮き桟橋(入ってよいか要確認)の周りも狙い目です。

波止の先端、コーナー。潮が当たって変化する場所にはカワハギも多い

浮き桟橋は底ではなく、その周りにカワハギが着いている

近くにイカダやイケスがあるような場所はカワハギの有望ポイント

オカッパリカワハギの釣り方

仕掛けを投入するのは足元の壁際。海底まで沈めていきオモリが着底したら、竿先を水面に近付けつつ糸フケを取って仕掛けを張ります。

カワハギは水中で前後左右上下に自由にホバリングしながら小さな口で上手にエサを盗っていきます。実は仕掛けが沈んでいる途中からカワハギがエサをつついていることも多いのです。

糸がフケているとアタリがとれないので、ラインを張る動作が大切なのです。ちなみに上手な人は適度に仕掛けを張りながら沈めてアタリをとってアワせることもあるのだとか。

カワハギが近くにいるとすぐにアタリが出て、穂先を「ピクピクッ」と揺らしてくれます。大きなアタリや小さなアタリがありますが、とりあえず最初はすぐにアワせてみましょう。何度か試して掛からなければ、次の投入ではアワセまで少し待ってみるなどタイミングをズラしてその日のヒットパターンを掴みましょう。

少し待ってもアタってこないときは、カワハギがエサに気づいていないのかもしれない。そんなときはロッドを上げて仕掛けを動かしてアピールしましょう。

またオモリの重さで曲がっていた穂先が元に戻る「食い上がり」もアタリです。アワセてカワハギの口に針を掛けましょう!

ロッドを水平に構えるとアタリがとりやすくなります

The following two tabs change content below.
釣りぽ編集部
釣りぽ編集部
釣りぽ編集部スタッフです。編集部ならではの企画記事や大会リポート、釣行リポートなどをお届けします。大会リポートについては大会関係者から送られたものを「釣りぽ編集部」として掲載していることもあります(※本文最後に報告者を記載)。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする