コウイカの仕掛け&釣り方

釣りぽ編集部制作の記事です。※一部執筆記事もあり(本文最後に報告者を記載)。

釣りぽ編集部をフォローする

コウイカ【コウイカ科】

コウイカの釣り方
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

胴の中に石灰質の硬い甲があるのが特徴で、日本沿岸の砂泥底に生息している。大量のスミを吐くため、別名スミイカとも呼ばれる。産卵で接岸してくる4~6月が最盛期。

釣り方 ウキ釣り、エギング
釣り場 波止、磯

コウイカ ウキ釣り&サグリ釣り

釣り場/波止、磯

コウイカのウキ釣り サグリ釣り仕掛け

釣り方

コウイカは日中・夜間ともに狙うことができる。朝夕のマズメ時はコウイカの活性が上がりやすく、海面近くまで浮いてくることもある。夜間はベイト(小魚など)が集まりやすい常夜灯の明かりが灯る周辺が好ポイントになる。

底付近を狙うときは、テーラに冷凍キビナゴやイワシを巻いたサグリ釣りがおすすめ。コウイカがテーラを抱いたときに違和感を与えないように、竿は穂先の軟らかい磯竿がおすすめ。オモリの号数は潮流や水深によって変更する。

釣り方は、仕掛けを投入してオモリを着底させたら、竿をあおって上下の動きで誘いながらアタリを待つ。コウイカがエサを抱くと重みを感じる。ゆっくりアワセを入れて、一定の速度でリールを巻いて取り込もう。コウイカの活性が高くなって浮いているときは、ウキ釣りで狙うと効率よく釣れる。

コウイカ エギング

釣り場/波止、磯

コウイカのエギング仕掛け

釣り方

アオリイカ狙いのエギング用タックルを代用できて、場所や時間帯を選ばず手軽に楽しめる。

コウイカは底付近にいることが多いため、エギをキャストして底まで沈めたら軽くシャクってフォール(沈める)させる。エギが底から離れすぎないようにシャクリとフォールを繰り返しながら、足元まできっちり探っていこう。

コウイカがエギを抱くのはフォール中が多いので、ラインは常に張ったままにしておくこと。竿に重みを感じたら、大きくアワセを入れてやろう。良型はギャフや玉網を使って取り込むとよい。

 エギング以外では、コウイカ用スッテを使った胴突き仕掛け(ダウンショット)でも狙える。底をズル引きしたり、竿を上下に動かして誘いを入れたりしてアタリを待つ。スッテはアピール力がある夜光タイプがおすすめ。

タイトルとURLをコピーしました