ケンサキイカの仕掛け&釣り方

釣りぽ編集部制作の記事です。※一部執筆記事もあり(本文最後に報告者を記載)。

釣りぽ編集部をフォローする

ケンサキイカ【ヤリイカ科】

ケンサキイカの釣り方
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

日本各地、おもに日本海から東シナ海にかけて漁獲されているイカ。エリアで呼び名が異なり、山陰では「シロイカと呼ばれている。食味に優れており人気が高い。

釣り方 船釣り、ウキ釣り、エギング
釣り場 船、波止、磯

ケンサキイカ 船釣り

釣り場/船

ケンサキイカの船釣り仕掛け

釣り方

山陰、四国西南部、九州北部などでは、初夏から秋にかけて遊漁船などを利用してケンサキイカを狙う人が多い。年回りによってムラはあるものの、数釣りはもちろん、胴長40cmオーバーの良型がヒットすることもめずらしくない。

狙うスタイルはさまざまだが、「イカメタル」の人気が高い。「イカメタル」は、リーダーの一番下にメタル製のスッテ、その上にエギやスッテなどをセットして狙うスタイル。釣り方は、底まで落としてジギングのように2~3回シャクりながら一度大きくシャクり、テンションをかけたままフォールさせる。そして、少しステイしてアタリを待つ。イカのタナは変わりやすいため、同行者と情報を共有しながら効率よく釣るとよい。

リーダーを長く取って狙う「オモリグ」は、自然な誘いができるので警戒心の強い大型狙いで実績がある。

ケンサキイカ ウキ釣り

釣り場/波止、磯

ケンサキイカのウキ釣り仕掛け

釣り方

エリアや年回りによってムラはあるものの、潮通しのよい場所から湾奥まで回遊してくる。そのため、身近な波止や護岸から狙うことができる。夜行性なので夜釣りがメインになる。

比較的簡単に楽しめるのがウキ釣り。釣り方は仕掛けを投入して潮に乗せて流し、アタリがくるのを待つだけ。ケンサキイカが回遊するタナを掴んだら、手返しよく攻めて数を稼ごう。

アタリはウキが沈んだり、横に倒れたりするのでわかりやすい。アタリが出たら、軽くアワセを入れて道糸を張った状態のまま、一定のスピードでリールを巻く。イカは強引に引っ張ると、身切れを起こすので注意が必要。

ケンサキイカは人気が高く、身近な波止などに回遊しているときは多くの釣り人が訪れる。無理な割り込みなどは避け、マナーを守って釣りを楽しもう。

ケンサキイカ エギング

釣り場/波止、磯

ケンサキイカのエギング仕掛け

釣り方

小型のケンサキイカが回遊しているときは、メバルタックルを使ったエギングで狙うと小気味よい引きが楽しめる。いいサイズが回遊しているときは、エギングタックルで狙うとよい。

釣り方は、イカが見えているならエギをキャストし、50cm~1mほど沈めて小さくシャクってフォールさせる。イカがエギを抱くと重みが手に伝わるので、軽くアワセて糸を緩めないように取り込もう。

イカが確認できないときはエギを底まで沈め、シャクリ&フォールで幅広く探ってみよう。タナが深いときや潮流が速いときは、重めのエギを使って早く沈めると効率よく攻めることができる。

表層にシーバスなどが見えているときは、イカが逃げて底付近にいるケースが多い。底中心に探って反応がなければ、ポイントを移動したほうが無難。

タイトルとURLをコピーしました