シマノ ジャパンカップ クロダイ(チヌ)釣り選手権大会 第11回 全国大会

【釣りぽ編集部】の制作記事。基本的な釣り方や釣り場情報、イベント・キャンペーン情報を中心に紹介。

釣りぽ編集部をフォローする

◯日程/2023年9月30日、10月1日
◯場所/宿毛湾一帯(高知県宿毛市)
◯主催/株式会社シマノ
◯後援/高知県宿毛市、一般社団法人宿毛市観光協会

シマノジャパンカップクロダイ 第11回全国大会

2023年9月30日~10月1日、四国西南部に位置する宿毛湾一帯(高知県宿毛市)で『シマノ ジャパンカップ クロダイ(チヌ)釣り選手権大会 第11回 全国大会』が開催された。

全国6会場で開催された地区予選を勝ち抜いた17名に2023年5月に同じく宿毛湾一帯で開催された第10回大会で上位入賞したシード選手3名を加えた20名が栄冠を目指して釣技を競い合った。

シマノジャパンカップクロダイ 第11回選手
20名の選手が宿毛湾で釣技を競った

大会はまず予選リーグ3試合が行われ(第1・第2試合が9/30、第3試合が10/1)、上位2名が決勝戦へと進出する。

予選リーグは20名の選手は抽選により2名ずつの10組に分かれ、マンツーマンで対戦。試合時間は各3時間で、釣ったチヌ・キビレ5匹までの重量で決まった勝敗により勝ポイントが付与される。勝ポイントは勝ち:3点、引き分け:1点(釣果0の引き分けも1点)、負け:0点。予選3試合の総勝ポイントで予選リーグの順位が決定。

また各試合での対戦相手との釣果の重量差も算出。勝ポイントが同じ場合は総重量差が大きい選手が上位となる。

釣り上げたチヌはフィッシュバッカンにキープするが、今大会はバッグリミット5匹以内の匹数制限が設けられ、6匹目以降は選別して入れ替える必要がある。

※予選リーグのダイジェストは次ページで紹介

決勝戦

予選リーグの第3試合の検量が全て終わった段階で3勝で勝ポイント9を獲得してまず決勝進出を決めたのが下西ノ園 大地選手(熊本)。続いて2勝1分けの全勝ポイント7を獲得した選手は4名。全選手が注目する中、合計重量差6,871gで決勝進出を決めたのは濱川翔伍選手(沖縄)。

濱川翔伍選手と下西ノ園大地選手
決勝戦進出を決めた下西ノ園選手(左)と濱川選手(右)

決勝戦の会場は「ダルマ横」。磯の東西に境界線を切り、北向きと南向きが釣座となる。試合時間は2時間で、1時間で釣座を入れ替わる。どちらの向きもシモリが多く、チヌの魚影が濃い分、取り込みの難しさがあるポイントだ。

優先権のある下西ノ園選手が選択したのは南向きの釣座。下西ノ園選手が南向き、濱川選手が北向きの釣座からスタートとなった。

11時30分、ホーンとともに決勝戦が開始された。

ギャラリーやスタッフが見守る中、開始6分ほどで早くも竿を曲げてチヌを釣り上げたのは濱川選手。両選手の釣座の後ろには高い岩があり相手選手の動向は見えないが、ギャラリーの動きや拍手で下西ノ園選手にもチヌキャッチは伝わっている。

竿を曲げる濱川選手
開始早々に竿を曲げた濱川選手
チヌを取り込んだ
決勝戦1匹目のチヌをキャッチ

その15分後、今度は下西ノ園選手が竿を曲げた。良型チヌと思われる引きだったが、手前のシモリでバラシてしまう。この時間帯は雲が広がって海面が白く光ってしまい、海中が確認しづらい状況。初めての釣座に入ることが多い大会の難しさだ。

下西ノ園選手はこの1匹でリズムを乱してしまう。

竿を曲げる下西ノ園選手
惜しくも手前のシモリでバラシ

一方の濱川選手は11時55分に2匹目のチヌを追加。

濱川選手はメインのポイントを釣りながら、大きく離れた場所にもマキエを投入して仕掛けを入れる。沖縄在住で宿毛湾に釣行するのは始めて。大会前の前釣りでも思ったように魚が出ずパターンを掴めなかったので、気になるポイントは積極的に攻めていったそうだ。

前半終了まで15分となったところで再び濱川選手の竿が曲がり、3匹目のチヌを追加。濱川選手がリードしたまま12時30分に前半戦が終了した。

5分のインターバルの間に釣座を交代し、12時35分に後半戦がスタート。

ここから追い上げたい下西ノ園選手だが、後半開始から5分ほどで竿を曲げたのは濱川選手だった。やり取り中にチヌが根に潜りかけたが、濱川選手は素早く背後の岩場に上がりシモリをかわした。寄せてきて取り込んだのは良型チヌ!

高台で竿を曲げる
高場に上がってシモリをかわす濱川選手
両型チヌを取り込む
取り込んだのは良型チヌ

そこから15分経過した13時過ぎ、北向きの釣座に入った下西ノ園選手がついに竿を曲げた! 強い引きをうまくかわして良型チヌを取り込んでみせた。

竿を曲げる下西ノ園選手
宿毛湾のチヌの引きは強い
何度も突っ込む宿毛湾のマッスルチヌ
取り込み成功
1匹目のチヌを玉網入れした瞬間、空を見上げた
良型チヌと下西ノ園選手
良型チヌ!

下西ノ園選手のここから追い上げが期待されたが、試合終了まで30分を切ったところで濱川選手が再び竿を曲げて5匹目のチヌを追加。濱川選手はこれでバッグリミットの5匹を達成! 

ダルマ横で釣る
濱川選手が5匹目のチヌをヒットさせた
濱川選手とチヌ
これも良型!

その後、両選手ともにチヌのヒットがないまま、13時35分、ホーンとともに決勝戦が終了した。両選手ともに全力を尽くした素晴らしい決勝戦だった。

チヌを持つ選手
決勝戦で釣り上げた良型チヌを持つ下西ノ園選手(左)と濱川

検量の結果は濱川選手 4,011g、下西ノ園選手は1,095g。沖縄予選から勝ち上がった濱川翔伍選手が第11回優勝者となった。3位には前回大会優勝の波多江選手が入った。

ジャパンカップクロダイの表彰台
左から2位 下西ノ園選手、優勝 濱川選手、3位 波多江選手
シャンパンシャワー

大会結果(敬称略)

優勝 濱川 翔伍
2位 下西ノ園 大地
3位 波多江 義孝
4位 高橋 武
5位 鎌田 茂夫

第11回シマノジャパンカップクロダイ 2022表彰台

優勝/濱川選手のタックル・エサ

ロッド/鱗海アートレータ 1-530
リール/BB-Xテクニウム C3000DXXG S R
道 糸/1.75号
ハリス/1.75号(3ヒロ)
ウ キ/カン付きウキ 0〜G2
ハ リ/チヌ針 2号

半遊動仕掛けで、決勝戦では浮いているチヌを狙って遊動範囲は50cmほどが多かった。使用したツケエサは練りエサ(白、黄)と丸エビ。

予選リーグのダイジェストは次ページへ