チヌ&グレのフカセ釣り 道糸の選び方 サンライン編

釣りぽ編集部制作の記事です。※一部執筆記事もあり(本文最後に報告者を記載)。

釣りぽ編集部をフォローする

フカセ釣りの道糸は、それぞれの特徴を備えた製品が多数ラインナップされている。何を基準にどれを選べばいいのか迷う人も多いのでは? そんな疑問を一発解消! 『サンライン』の道糸の選び方や使い分けについてフカセ釣り(チヌ&グレ)のエキスパート2人に訊いた。

チヌ釣り編

圓山 一樹(まるやま かずき)
中四国をメインにチヌ、グレを追う。サンライン、がまかつ、M&Mフィールドテスター。名釣会、GFG、club G’s所属

道糸に求める性能

私は瀬戸内のチヌフカセに使う道糸には、「撥水性」と「親水性」の2つを兼ね備えたものがベストと考えています。瀬戸内は水潮などで2枚潮になりやすいフィールドです。上潮に道糸がとられてしまうことが多々あるので、メンディングするために道糸には撥水性が必要となります。くわえて親水性が高いサスペンドタイプのほうが上潮にとられにくくなります。

あとは視認性がよければなおベターです。撥水性と親水性は相反するような性質ですが、サンライン製品にはどちらも備えた『松田スペシャル ブラックストリームマークX』があり、私はこれをメインラインとして使用しています。

名手の道糸セレクトと使い分け

松田スペシャル ブラックストリームマークX(サンライン)

「ブラッキー」の愛称で知られ、磯釣り師に愛用されている道糸ですが、「プラズマライズ」で大きく進化しました。驚異的な粘りを発揮し、大物にも対応します。親水性と撥水性という相反する特性をライン表面上で交互に付与しているので、水にしっかりなじみながらもメンディングを軽快に行えます。ベースのブラッキーカラーに等間隔で配色されたファインピンクのおかげで、ラインの動きがよく分かります。

磯スペシャル フカセちぬ競技(サンライン)

しなやかな糸質で粘り強く、大物が掛かったときにその強さを実感できます。セミフロートという絶妙な設定は水面直下を漂ってくれるので、上潮をかわしながら藻場の沖を釣るときなどに大変重宝します。一方で超撥水樹脂を採用しているので水切れもよく、メンディングもしやすいです。ライトグリーンのラインカラーは、陸上、海面での視認性がいいので扱いやすい道糸です。

磯スペシャル ジーパール(サンライン)

ナイロンと超高分子量シリコンを融合させたサンライン独自の「USCナイロン(PAT.)」のラインです。耐摩耗性とスベリ性が高く、仕掛けを投げる、送り出す、魚とやり取りする際に起こるガイドとの擦れによるダメージを低減し、ラインの初期性能を維持します。イエローグリーンにオレンジレッドマーキングを施しているのでラインそのものも見やすいですが、マーキングのおかげで動きも確認しやすいです。

3アイテムの使い分け

本流が走る磯や大型のチヌやマダイが食ってくる磯では、『松田スペシャル ブラックストリームマークX』です。前述の特徴から使いやすく、このラインで数々の大型チヌを手にさせてもらえました。視認性などに関しても、使い慣れているので問題ありません。

足元に藻やシモリが多い場所では『磯スペシャル フカセちぬ競技』をよく使います。セミフロートで藻場とシモリをかわして仕掛けをタナへ送り込むことができます。強度も高く、販売価格もお手ごろなのでチヌ釣りでは欠かせません。

水深がある波止(沖一文字など)では『磯スペシャル ジーパール』を使います。10m以上の深場へ仕掛けを早くなじませるのに、水なじみがよく、スベリ性の高い糸質が役立ちます。高い視認性を誇るベースカラーに鮮やかなマーキングの配色は、ラインの動きがよく分かって使いやすいです。

初心者におすすめの道糸はこれだ!

磯スペシャル フカセちぬ競技(サンライン)

ビギナーの方は浮力が高いウキを使った釣りをすることが多いと思います。そこでおすすめなのが、サンライン『磯スペシャルフカセちぬ競技』です。

セミフロートタイプで上潮の影響を抑え、水面直下での視認性がよく、粘り強いので扱いやすいラインです。号数は1.75号。道糸は細いほうが仕掛けを飛ばす、なじませるなどの操作には有利ですが、根掛かりして高切れ(道糸から切れること)でウキをロストしてしまうなどのリスクもあります。50cmクラスのチヌとも強引にやり取りするためのバランスも考えると、この号数をおすすめします。

グレ釣り編

藤井孝男(ふじい たかお)
グレを追って九州をはじめ各地への遠征も精力的にこなす。サンライン、がまかつフィールドテスター。

道糸に求める性能

名手の道糸セレクトと使い分け

グレ釣りはさまざまな条件下で行う釣りですが、サシエをグレに届けるための操作性と強度が必須です。サンラインの道糸はたくさんありますが、いずれもこの2つを高水準でクリアしています。あとはカラー(よく見える、魚に見えにくいなど)、糸質(しなやかで軟らかい、張りがあって硬い、フロート、サスペンド)などを自分の仕掛け、釣り方、釣り場に合わせて吟味するといいでしょう。私は『松田スペシャル ブラックストリームマークX』がグレ釣りのメインラインですが、このように中心となるラインが見つかります。

名手の道糸セレクトと使い分け

松田スペシャル ブラックストリームマークX(サンライン)

「ブラッキー」の愛称で知られ、磯釣り師に愛用されている道糸ですが、「プラズマライズ」で大きく進化しました。驚異的な粘りを発揮し、大物にも対応します。親水性と撥水性という相反する特性をライン表面上で交互に付与しているので、水にしっかりなじみながらもメンディングを軽快に行えます。ベースのブラッキーカラーに等間隔で配色されたファインピンクのおかげで、ラインの動きがよく分かります。

磯スペシャル Gure Michi(グレ道)(サンライン)

ブルーとピンクのカラーが25cmごとに交互に配色されており、水面上での道糸の動きが把握しやすいのが特徴です。仕掛けの入り具合がわかりやすく、アタリがつかみやすくなります。強度と操作性にも非常に優れており、ライントラブルが少ない糸質です。風の中での釣りの際、とくに向かい風の中ではライントラブルが多くてストレスの原因になることもありますが、扱いやすい道糸なので快適に釣りができます。必然的に釣果もよくなります。

磯スペシャル マスラードⅡ (サンライン)

『松田スペシャル ブラックストリームマークX』にも採用されているプラズマイオンテクノロジーにより、撥水性と親水性を合わせ持ち、操作性に優れます。ピンクのラインカラーはとても見やすくていろんな仕掛けに対応します。圧倒的な強力を誇る「H・M・W(高分子量ナイロン)」をさらに改良した原糸を使用しており、強度が高くて粘り強く結束強度にも優れます。1.35号というほかにはない細い号数もラインナップされており、ワンランク細い仕掛けを使うことができます。

3アイテムの使い分け

グレ釣りでは基本的に『松田スペシャル ブラックストリームマークX』の各号数を釣り場の条件に合わせて使っています。大型尾長グレ狙いではこのライン一択で、半遊動仕掛けで道糸とハリスを直結して使うことが多いです。

口太グレに絞るときは『磯スペシャル Gure Michi(グレ道)』の1.5号と1.75号をアベレージサイズの大きさに合わせて使い分けています。

そして『磯スペシャル マスラードⅡ』は、1.35号をトーナメントなど限られた条件での釣りに使うことが多いです。そんなときに70㎝オーバーのマダイがアタってくることも多いですが、何度も取り込めています。

初心者におすすめの道糸はこれだ!

磯スペシャル ジーパール(サンライン)

サンライン『磯スペシャル ジーパール』です。非常にソフトな糸質でクセがなくて扱いやすいラインです。カラーはイエローグリーンとオレンジレッドのマーキングで派手すぎず、目を離してもすぐに見つけることができます。糸の表面のスベリがいいので全遊動仕掛けや深ダナ狙いなど、仕掛けを入れていく釣りに向いています。サスペンドながら水切れがいいのでラインメンディングがとてもしすいです。オールマイティーに使えるので、これからグレ釣りをはじめる方に最適ではないでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました