スポンサーリンク

ベイトが全く付かない落とし込み釣りでなんとか本命のハマチをゲット /蒲江沖(大分県佐伯市蒲江)

釣歴30年、得意なジャンルはキスの投げ釣りと船釣り全般です。特に、最近は全国各地でタイラバで遊んでます。メインフィールドは北部九州及び北海道です。海、淡水問わずいろいろな釣りにチャレンジし、特に、海釣りにおいては北海道のタイラバの普及、レバーブレーキを使用したスピニングタイラバの普及等に力を入れてます。

めじろん号をフォローする

今回は妻と一緒に大分県蒲江から出船する「エンペラー」さんに落とし込み釣りでお世話になりました。

前日までの釣果でハマチが入れ食い状態ということで、妻にハマチを釣らせたいと思ってチャレンジしました。

 

当日は、いきなり最初のポイントで、ビニールハウスの材料と思われる巨大なビニール片をプロペラに巻き、船長が潜ってそれを取るところから始まりました。

この状況が発生する前の流しで、カタクチイワシを付けてオオニベを妻に釣らせることができました。

この日はメインベイトがカタクチイワシだったため、付けば食われるけれど、付いたのがなかなかわかり辛く、全体的に数が伸びない状況でした。

ビニール片を取るのに約1時間程を要し、再開するもイワシの群れが全くおらず、ポイントを2度、3度大きく変えても全く釣れない状態でした。

時折、ヒットする魚は、この日は真鯛がおらず、全て3キロ~5キロ程の小型のオオニベでした。

オオニベ 蒲江沖
オオニベ

 

沖上がりの2時間程前に、船の前方に鳥が飛んでいるのを見つけて急行すると、イワシの群れが! そこに仕掛けを投入すると、立て続けに私に4キロ程のハマチがヒットしました。

実家には3本あれば十分だったので、そこで一旦自分の仕掛けを上げて、妻の仕掛けにイワシを付けて竿を渡すと一発でヒットしました。

結果的に3キロ程のハマチでしたが、初めて青物を釣る初心者にはやはり青物の引きはびっくりするぐらい強かったみたいです。

 

この魚を最後に食いが渋くなったのと、海が荒れてきたので早上がりとなりました。

今回は真鯛は混ざらなかったですが、初心者である妻にハマチを釣らせるという目標は達成できたので、良かったです。

普段は自分の感覚で釣りをしているので、初心者にはどう教えて釣らせればよいかを学ぶことができ有意義な釣行となりました。

また、カタクチイワシの時は、やはりタックルバランスが全てだということを改めて感じました。 来年のこの時期は、タックルを改めてまた臨みたいと思います。

《釣行メモ》

釣行日2021年9月19日
潮汐中潮
 満潮 05時27分
 干潮 12時04分
(佐伯)

《使用タックル》

竿マッドバイパー落とし込み245MH、マッドバイパースティング240Mダイワ
リール19シーボーグ500MJ(ダイワダイワ)、ビーストマスター3000MD(シマノシマノ
道糸PE 4号 
ハリスフロロ10号 
ダイワ(DAIWA) 船竿 マッドバイパー落とし込み MH-245 釣り竿

ダイワ(DAIWA) 船竿 マッドバイパー落とし込み MH-245 釣り竿

79,750円(07/03 15:14時点)
Amazonの情報を掲載しています

《エサ》

サシエカタクチイワシ(メインベイト) 
タイトルとURLをコピーしました