寒の時期にもチヌ好調!/徳山湾 大津島「水場」(山口県周南市)

シェアする

スポンサーリンク
百合野 徳山湾のチヌ

良型チヌを手にする百合野さん

寒の時期になると好調になる徳山湾に出撃してきました。

徳山湾といえば、12月頃からよい釣果情報が聞こえてくるというのが私のイメージでしたが、ここ数年は事情が変わって年明けしてから釣果が聞こえてくるパターンになりました。また、工場の温排水で暖められた海水が湾から出て行きやすい下げ潮が本来は狙いどきの潮だったのですが、最近では外海から入ってくる込み潮の方がよい釣果に恵まれることが多いような気がします。

シーズンの流れは、序盤は大津島など少し外海に面した釣り場から釣果が上がりはじめ、2~3月は、黒髪島など湾内がよくなるようです。あとこれは個人的な話なのですが、コブダイが多くなったような気がしてなりません。

さて当時は防府市の三田尻港を基地とする渡船(遊漁もやってます)「渡」さんにお世話になり、釣友の藤本さんと2人で北西の風に強い大津島の磯「水場」に上がりました。 この島の特徴は、釣り場が多く、それぞれに広さがあり、ゆったり釣りできること。どの磯も安定した濃い魚影で釣果も期待できます。

潮は上げ潮が比較的通し、下げはゆっくりという釣り場が多いのですが、チヌさえいればどちらも釣果を上げることができます。

この日も、マキエが効き出した釣り開始1時間後から、連チャンとはいきませんが、比較的安定してチヌが釣れました。たまに強烈な引きで仕掛けを切っていくアタリがあるのですが、これはコブダイ。もともと多いエリアですので、引きを楽しむという意味では満足できます。

結果は徳山サイズといわれる35cm前後から45cmまで2人で20匹近い釣果でしたが、これでもまだまだで最盛期になれば1人で軽く2ケタ越えします。

釣り方は、基本的に底狙い。しっかりマキエでポイントを作り、チヌを足止めさせて釣ります。浮いてくるようであれば、ゆっくり沈下する仕掛けに調整すれば釣果を伸ばすことができます。

サシエですが私は喰いが悪くなったとき、エサ盗りの有無の確認のときだけオキアミを使い、基本は練りエサ。食い込ませてしっかりしたアタリが出るようにするためです。参考にしてみてください。

これから笠戸島や野島などサイズや数さらに望めるエリアも活発になってきますので、ぜひ、寒の時期は魚影濃厚な徳山湾の寒チヌ、そのまま乗っ込みチヌも体験してみてください。

徳山湾 竿曲がり チヌ釣り

徳山湾のチヌ持ち

徳山湾のチヌ釣果




《マップ》

※マップの釣り場の大まかな場所です。釣れたポイントとは異なります。自己責任の元、十分に注意して釣行してください。

《釣行メモ》

釣行日 2018年1月7日
潮汐 中潮
 満潮  12時45分
 干潮  06時11分
(徳山)

《使用タックル》

竿 鱗海スペシャル 00号 530 シマノ
リール BB-Xハイパーフォース 3000DXXG シマノ
ウキ 鱗海 ZEROPIT 遠投SP 00号 シマノ
ナビ FIREBLOOD ナビストッパー W イエロー(サルカン差し込み) シマノ
道糸 LIMITED PRO PE G5+ サスペンド 0.8号 シマノ
ハリス ファイアブラッド EX FLUORO HARD-TIDE 1.5号 シマノ
ハリ 勝負ちぬSS、勝負ちぬネリエ&コーン 1号 金龍鉤

《利用渡船》

The following two tabs change content below.
百合野崇
百合野崇
(ゆりの たかし)。下関在住。西は長崎、東は広島。四国にもチヌを追う。シマノ磯フィールドテスター、マルキユーフィールドスタッフ、金龍鉤スペシャルプロスタッフ
スポンサーリンク

シェアする

フォローする