第9回マルキユーM-1カップ全国グレ釣り選手権大会 大分県米水津 会場 A日程(イベント報告)

【釣りぽ編集部】の制作記事。基本的な釣り方や釣り場情報、イベント・キャンペーン情報を中心に紹介。

釣りぽ編集部をフォローする

●主 催/ マルキユー株式会社
●会 場/米水津(大分県)
●開催日/ 2024年3月8日

3月8日、大分県米水津沖の磯にて「第9回マルキユーM-1カップ全国グレ釣り選手権大会 大分県米水津 会場 A日程」が開催された。

大会当日は、130名が大分県佐伯市米水津小浦港に集結。受付で抽選を終えた選手たちは、7船 – 14組に分かれ乗船し磯に渡った。競技時間は7時から13時までの6時間で、グレの規定寸法なし、9尾以内の総重量の規定内で腕を競った。

検量者は66名で、検量所は大いに賑わいを見せていた。各組の上位1名の中から上位12名が、2024年9月29日(日)長崎県宮ノ浦にて行われる準決勝戦に駒を進めた。

《大会結果》

順位選手名尾数重量船順位
優勝藤野 亮太7,167gえびす丸 10組 1位
2位宮迫 徹英6,150gえびす丸 9組 1位
3位田口 哲士6,115g功明丸 13組 1位
4位溝邉 幸司5,911g若戎丸 3組 1位
5位古財 和浩4,718g千代丸 7組 1位
6位萱嶋 広平4,200g長伸丸 6組 1位
7位冨松 建一朗3,464g若戎丸 4組 1位
8位大津 祥悟3,170g功明丸 14組 1位
9位藤崎 正治3,007g有漁丸 12組 1位
10位田代 康平2,909g長伸丸 5組 1位
11位鷲野 弘典2,275g千代丸 8組 1位
12位蔵本 健太1,653g政進丸 1組 1位

優勝者 藤野選手インタビュー

当日は風が強い中、船着けと先端に分かれ1時間交代で試合を行った。最初は船着けで、入れ替わった後に1枚釣れた。船着けでは釣果がなく、その後、先端でラスト10分間に6m程のタナで2連続ヒット。最後のラウンドで「M.S.P(S)レッド」をさらに追加すると、2投目から3連でヒットし9匹揃えることができた。ハリスは2ヒロで直結部分とハリスの真ん中にG6を2段打ちした。付けエサは「くわせオキアミV9(M)」の釣果が良かった。

藤野選手の仕掛け

竿:1.25号-5.3m、リール:レバー付きリール2500番、道糸:1.5号、ハリス:1.5号、ウキ:円錐ウキ(01)、ハリ:グレ針5号、ガン玉:G6

藤野選手の配合エサ

・グレパワーV9徳用
・ニューグレパワーV11
・アミパワーグレスペシャル
・M.S.P(S)レッド

藤野選手のツケエサ

・くわせオキアミV9(M)
・くわせオキアミスペシャル(M)
・グレ丸