釣りと合わせて楽しみたい! 観光スポット盛りだくさん! 広島県の魅力を再発見

釣りぽ編集部制作の記事です。※一部執筆記事もあり(本文最後に報告者を記載)。

釣りぽ編集部をフォローする

広島県プレスツアー いろいろ体験コースに参加!①

リポート/編集部石橋

3月23日(木)、24日(金)にかけて開催された「広島県プレスツアー いろいろ体験コース」(主催/株式会社ADKマーケティング・ソリューションズ)へ参加してきました。仕事ながら当日は観光、食、釣りを思う存分堪能! 広島在住ながら広島の魅力を再発見させていただきました。ここではそのリポートをお届けいたします。

このツアーは、2023年5月に広島県で開催される「G7サミット(主要国首脳会議)」に絡めて企画されたもので、広島県内の魅力的な観光地やレジャーを国内、国外問わず多くの方に知ってもらうため、ツアーに参加した各メディアがそれぞれの媒体で情報発信するというものです。

私は広島県在住なのですが、現地で詳しい説明を聞くたび、魅力を表面的にだけとらえて過ごしていたことを思い知ることになりました。

23日、最初に訪れたのは広島県三次市にある「平田観光農園」さん。

平田観光農園Webサイト 

広大な農園では季節に応じた果実が栽培されています。時期ごとに旬の果実狩りができるほか、ダッチオーブン体験やBBQが楽しめるスペース、美味なスイーツが味わえるテイクアウトカフェ、果実を使ったスイーツの手作り体験ができる施設もあります。また、地元で採れた食材、農園の果実を使ったカレーやスイーツが堪能できる古民家カフェも併設されています。12月半ばから5月まではイチゴを栽培しており、果実狩り料理、スイーツもイチゴがメインです。

古民家カフェ noqoo(ノクー) あいにくの雨のため、天気がいい日の外観をどうぞ 画像提供:平田観光農園
テイクアウトカフェ noqoo DELI & 体験施設イチコト 画像提供:平田観光農園
大きなビニールハウスの中で栽培されているイチゴ
完熟イチゴをふんだんに使ったスイーツ

まずは園内の「古民家カフェ noqoo(ノクー)」にて昼食。地元で獲れたイノシシ肉を使った「すき焼き」のほか、園内で栽培されたイチゴを使ったサラダにお茶までも地元産でした。また、期間限定販売の「いちごのスパイスキーマカレー」もいただきました。こちらは今回のツアーのため特別に作ってくださいました。イチゴを使ったピンクのチーズソースをかけていただくのですが、絶妙な甘味がキーマカレーをマイルドに! 味わったことのない食感で美味でしたよ!

ジビエすき焼きのほか、地元食材をふんだんに使った定食
いちごのスパイスキーマカレー

数量限定のスイーツもいただきました。左は「至福のいちごプレート」。平田観光農園×森永乳業のコラボレーションオリジナルヨーグルト「パルテノ」をたっぷり使ったシャーベットにイチゴジュース、ケーキがセットになっていて、イチゴ好きにはたまらない1品。右は「春の訪れ フレジエのパフェ」。シャーベットが入ったグラスの上に鎮座するのは、フレジエというフランスの伝統的なケーキです。こちらもイチゴをふんだんに使っていて春の味わいを堪能できました。

完熟イチゴをさまざまなスイーツで味わえました
2023年の新作! フレジエが目を引きます

食事後はイチゴ狩り体験。食べ放題のイチゴ狩りは農園から少し離れた「君田いちごハウス」で楽しめます。農園では「VeryVeryちょうど狩り」というコースを体験できます。チケットを購入して、交換制で季節の果物狩りができ、ほかにもケーキボトル作り体験、各種スイーツと交換ができます。
「当園の果実は農園内で味わっていただく、料理やスイーツの材料に使うことを目的としているので、甘さと美味しさにこだわって完熟させたものから収穫しています」(スタッフさん)
おいしい果物を味わってほしいとうスタッフさんの熱意がビシビシと伝わってきました。

摘みたてイチゴをいただいてみると……甘い! これはいくらでも食べられそうです
イチゴ好きにはたまらない光景ではないでしょうか
ケーキボトル作りも体験! 見た目については……。お味は素材のおかげで◎!

つづく……次は帝釈峡を訪れます。

広島県プレスツアー いろいろ体験コースに参加!② を読む