冬も快適釣行! 寒さ対策

釣りぽ編集部スタッフです。編集部ならではの企画記事や大会リポート、釣行リポートなどをお届けします。大会リポートについては大会関係者から送られたものを「釣りぽ編集部」として掲載していることもあります(※本文最後に報告者を記載)。

釣りぽ編集部をフォローする

冬のライトゲームの大敵といえば、なんといっても「寒さ」ではないだろうか。寒さを我慢して釣りをしても集中力が続かないので、しっかり対策をして冬の釣りを存分に楽しもう!
こちらの記事はレジャーフィッシング 2022年1月号に掲載したものをWEB用に修正したものです。

冬の釣行模様

ウエアで防寒~レイヤリングで効果的に

 防寒のメインとなるウエア類。近年は薄くて動きやすいうえに暖かいウエアも多いが、単に暖かい服を重ね着するだけでは防寒対策としては不十分。防寒の基本と効果的なレイヤリング(重ね着)を理解することが重要となる。
 防寒の基本は「体を冷やさないようにする」こと。そのためには濡れないこと、肌の露出を減らすこと、体の熱を外へ逃がさないことが大切。ならば重ね着を多くすればいいのでは? と思うかもしれないが、着用する服が多くなればなるほど汗による蒸れがこもりやすくなり、この蒸れがやがて水に変わり、それが原因で体を冷やしてしまう。そこで重要となるのがレイヤリングだ。
 レイヤリングとは肌の上に身につける「ベースレイヤー」、ベースとアウターの間に着る中間着の「ミドルレイヤー」、一番上に羽織り雨や風から体を守る「アウターレイヤー」の3つを重ね着すること。この3つにはそれぞれの役割があり、天候や運動量に応じて適切なものを選ぶことでより効果を発揮する。
 ウエアのレイヤリングにプラスして、帽子(ニット)やネックウォーマー、グローブ、ブーツなどで防寒力を高めることも必要だ。

寒さ対策 ウエアのレイヤリング

フットギアで防寒

 気温の低い夜間は足元から冷えることが少なくない。とくにスニーカーや長靴などのゴム製の靴底は冷気が伝わりやすいと言われ、いったん足先が冷えてしまうとなかなか温まりにくく、まさしく体の芯から冷えてしまうことも。
 そこで、保温性の高いソックスやインソールを活用したり、防寒ブーツやシューズを着用するようにしよう。

使い捨てカイロを活用

 防寒アイテムの必需品の使い捨てカイロ。貼るタイプはインナーに貼りつけて使用するが、貼る位置によって得られる効果が変わる。手を温めるなら手首の内側、体全体を温めるなら太い血管が通る脇の下や太ももの付け根に貼るとよい。
 貼らないタイプは常時ポケットに入れておき、冷えた手を温めるのに使用するとよい。
 ただ、気温や運動量によっては体が熱くなりすぎて汗をかき、逆効果となってしまうこともある。そんなときは外したり着るもので調整しよう。

ルアーフィッシングは常にキャストやリトリーブを繰り返すため、着膨れすると蒸れやすくなるうえ動きづらく、安全面でもマイナスに働いてしまう
タイトルとURLをコピーしました