角島沖の一つテンヤ&タイラバ/角島沖(山口県下関市/福岡県北九州市出船)

シェアする

About Author

ドラマ満載の楽しい釣行

北九州市門司区大里港より出船の「祥季丸」での一つテンヤタイラバ釣行レポートです。

午前6時に出船し、ポイントの山口県角島沖までは約1時間30分程の船旅。祥季丸のキャビンはベッド仕様の為、ゆっくり寝る事が出来ます。

午前8時、ポイント到着すると無風状態。もちろんドテラ流しで水深40mからのスタート。

ドテラ流しのため、私はタングステンの一つテンヤ5号を投入。周囲の人のラインが出ている角度を見てその反対方向へ少しキャストし、着底がなるべく正面に来るように調整。

だが若干右手前で着底したため、号数を1号上げようと思い通常のリーリングスピードで巻いていると、20mほど上で食べ頃サイズの真鯛がヒット。

その後6号へ替えて巻きで攻めてみるも外道とチャリコ(小鯛)しか当たらず。

少し風も出てきたのでポイントを移動そパラシュートアンカーを投入。パラが入ったため鉛の5号へ変更。このポイントは瀬の上を通るそうだ。

着底後テンヤを巻こうと思いロッドを水面から上へ振り上げようとした時だった。確かに何らかのバイ トがあったような気がしたが動かない。ゆっくりロッドを上げるとただ重いだけなので石が引っ掛かったと思い、そのつもりで巻いているとぼんやり海中から姿を見せたのは魚! しかも大アコウ!

がっつりテンヤを飲み込んでいたので、よくリーダーが切れなかったとびっくり。

下村船長の奥さんもタイラバで良型のアコウを上げた。

ポイント移動で今度は70mラインへ。ここで投入したのはタイラバ70gで最近の私のお気に入りのラバーネクタイなしのワームだけのスタイル。

すると2投目にボトムより10m上げた所で前アタリがきてフッキング成功! ズッシリとした重量感に「これはいいサイズ」と思いきやラインブレイク。巻き上げるとリーダーから、カッターで切ったようにスパッと切れていた。

仕掛けを作り直し再度投入。数投繰り返したがアタリがないのでワームをストレートタイプに替えるとすぐにヒットし1キロ強クラスをキャッチ。自分の好きなスタイルで釣れると最高だ。

そして、ミヨシで釣られていた山口さんのタイラバに今日一のアタリがあったようだが痛恨のフックアウト。巻き上げるとフックが2本とも折れていた。船長によると「おそらくフックが縦の状態で噛んだんだろう」とのこと。本当に残念でした。

その後、再び40mラインへ移動。トモの山本さんのロッドがブチ曲がりドラグが止まらない。上がってきたのは4キロクラス見事な真鯛だった(一つテンヤ)。

この日の全体釣果は、4キロクラスを頭に2キロ~塩焼きサイズまで20数枚。始めての船釣りの方も釣れる魚種の多さにビックリされていた。

様々なドラマがあり非常に楽しい一日だった。真鯛一筋祥季丸。



《釣行メモ》

釣行日 2017年10月7日
潮汐 中潮
 満潮  11時37分
 干潮  05時27分
(萩市)

《使用タックル・タイラバ》

竿 炎月SS B72M-S シマノ
リール オシアコンクエスト200HG シマノ
ライン マークライン ドンぺぺ 0.8号 ゴーセン
リーダー ラピノヴァフロロ 12ポンド ラパラ
ハリ ジガーライトマダイ向う合わせ10号9号 カルティバ
タイラバ ヘッド/炎月月華TG70g(オレンジゴールド ) シマノ
ビンビンワームトレーラー鯛カーリー(イカナゴールド) ジャッカル
バックファイヤーキャップ ジャッカル

《使用タックル・一つテンヤ》

竿 炎月一つテンヤ240H シマノ
リール ツインパワーC3000HG シマノ
ライン ラピノヴァXマルチカラー0.6号 ラパラ
リーダー ラピノヴァフロロ 10ポンド ラパラ
一つテンヤ 紅牙タイテンヤSS 5号(ケイムラオレンジ金) ダイワ
ビンビンテンヤ 5号(オレンジゴールドフレーク) ジャッカル

《利用渡船》

祥季丸

シェアする

フォローする