スポンサーリンク

番匠高宮丸さんでキンメダイ釣りに初挑戦/伊豆 新島周辺海域(静岡県下田市須崎)

めじろん号

釣歴30年、得意なジャンルはキスの投げ釣りと船釣り全般です。特に、最近は全国各地でタイラバで遊んでます。メインフィールドは北部九州及び北海道です。海、淡水問わずいろいろな釣りにチャレンジし、特に、海釣りにおいては北海道のタイラバの普及、レバーブレーキを使用したスピニングタイラバの普及等に力を入れてます。

めじろん号をフォローする

今回は前回に引き続き深海釣りに挑戦しました。

向かった先は、伊豆の先端にある下田市須崎からキンメダイ釣りで出港している有名な「番匠高宮丸」さんです。

こちらの船は、船長も常連さんも親切な方が多く、初心者の方にも丁寧に釣り方を教えてくれて、とてもおススメの船です。

 

当日は3時50分に集合して、1時間程新島の方へ船を走らせて、5時30分頃から第1投となりました。

1投目は着底と同時に魚が付き、船長の指示でそのまま糸を送り出してしばらくしてから回収するとキンメダイが5匹連なって上がってきました。

伊豆 キンメダイ

隣の常連さんは、サメにかじられたりしたみたいで、キンメの頭だけになったり仕掛けが切れていました。

巻き上げ速度は、『コマンドZ9』(ミヤマエ)で速度7~8(1秒に約1mぐらい)で、順番に巻き上げていき、先に巻いている人の仕掛けを追い越さないように速度調整をすることが必要です。

巻き上げ速度は、船電源を使用するため、変動することもあるそうで、注意していないといつもと同じ速度指定をしていても実際はかなり速く巻いていたりすることもあるそうです。

コマンドZ9キンメSPECIAL
コマンドZ9キンメSPECIAL

 

続いての2投目は、1匹のみで、ポイント移動しました。

3投目以降は、ポツリポツリという感じで、隣の常連さんや船長にたまにヒットするような状況で、相変わらずサメにやられたり、途中でカジキマグロがヒットしたりと、数が伸びないような状況でした。

 

最後の8投目の流しで、かろうじて1枚追加でき、数は少なかったものの非常にサイズが良かったので満足いく釣行となりました。

今回は竿がベニアコウやアブラボウズにも使える竿を使っていたので、アタリがやや取り辛かったので、次回は専用のキンメ竿を使おうと思いました。

現時点で最高のキンメ竿と言われているのは、今回お世話になった番匠高宮丸さんが剛樹とコラボして作った番匠高宮丸モデルのキンメ竿です。

長さが1.85mのと2.06mの2タイプがあり、常連さんのおススメは1.85mです。

今回船長と隣の常連さんがこの竿を使っていて、非常に当たりがわかりやすく、キンメ竿なのにバットのパワーもあり、不意の外道にも十分対応できるバランスを持った良い竿だということがわかりました。

番匠高宮丸さんでは、タックルや仕掛けを含めたフルレンタルもやっているので、キンメダイ釣りをやりたいけど、専門の道具を持っていない人にもお勧めです。

私のようにタックルを持っていても、仕掛けを作成したり、エサを準備するのが大変と考える人には、仕掛けセットのプランも安価でお勧めです。

伊豆のブランドキンメダイは非常に脂が乗っていてとても美味しかったので、また釣りに行きたいと思いました。

《釣行メモ》

釣行日 2020年10月1日
潮汐 大潮

《使用タックル》

竿 G-DIVE(Mモデル) 剛樹
リール コマンドZ9キンメSPECIAL 24V仕様 ミヤマエ
道糸 PE12号 1400m  
ハリ ムツ鈎  
仕掛け    
ハリ    

この釣りでは、クッションゴムは5mmの1mを用います。

深海釣り用のヨリトリリングは、釣り場のポイントにより根掛かりの原因となるので、使わない方が良いそうです。

また、中錘の40号が必須だそうです。場所によっては駆け上がりになっているところでは、10号程の軽い中錘が必要だそうです。
これは底付近にいるキンメを釣るため、仕掛けを這わせるために重要なためです。

《エサ》

サシエ カツオのハラモ、サケ皮  
タイトルとURLをコピーしました