チヌのフカセ釣り 55cm含む好釣果/鶴見 竹ヶ島・白崎1番(佐伯市鶴見)

シェアする

スポンサーリンク

大分 鶴見 チヌ 大型

佐伯市蒲江でロクマルを狙う時期もサバ子が入り出すと終わりを告げる。

それは鶴見の湾内で釣れ出す知らせでもある。

いつもの釣具屋に釣友の溝口くんと深夜2時に待ち合わせ。チヌ釣りにしては早めの時間ではあるが寒い中濁り重視のマキエを混ぜる。

溝口君は久しぶりのチヌ釣りでワクワクが止まらない様子で「今日チヌ釣れるかな~?」

私は何の根拠もないが、釣れる気しかしませんでした。

3時過ぎには渡船でお世話になる第三正幸丸さんの事務所に到着。そこから準備をはじめ4時に出港しました。

上がった磯は鶴見湾内の竹ヶ島の通称「コンクリ」。足場は良いが2人並んでやっと竿が振れるスペースです。

夜明けまで暗くヘッドライトを付けてのんびり準備にかかり、仕掛けのセットができたら暗いうちからマキエを打ち出しポイントを作ります。

溝口君は我慢できずにラインすら見えない状態で釣りを始めました。ところが1投目からオープンにしていたベールからラインがパラパラっと出ていく。

「よっしゃ~~! キタ~!」

竿をたたくその引き込み間違いなくチヌです。上がって来たのは38cmの鶴見サイズのチヌ。

自分も仕掛けを早々に準備し釣りを開始! 今日はシマノ『鱗海マスターチューン 0号』の初おろしです。

鱗海 マスターチューン 大分 チヌ

すると1投目からキンク(チヌに噛まれてハリスが折れた跡)、4投目に前アタリもなくいきなりラインが走る豪快なアタリ!! 47cmの良型のチヌでした!

開始から3時間で2人でチヌ9枚、真鯛49cmにブダイとなかなかの釣果でした。

しかし、潮が上げから下げに変わると食いが止まったのでここで瀬代わりです。

次に上がったのは白崎1番と言う地の磯。足場はゴツゴツした岩で、北風が入ってくることもあって時折潮をかぶります。

ここは先程とは違い魚っけがありません。それでも丁寧にマキエを打ちポイントを作って行きます。

すると11時半頃私に待望のアタリ! ラインが少し走った後に止まり、次のアタリまでいつもより時間があいたのでダメかと思った瞬間に本アタリ!

『鱗海マスターチューン』が綺麗に弧を描きます! 耐えているとバットの粘りでチヌが暴れず浮いてきました。

チヌは寄せて来ると右側のシモリ方面へ逃げ込もうとするも、竿を左右に振ってチヌを泳がせないやり取りをして取り込み!

タモ枠40cmを軽く超える良型。計測すると55cmありました!

その後2人で1枚づつ追加し14時に納竿致しました。

鶴見の湾内はこれからのっこみ全盛期に入り楽しいチヌ釣りが出来ると思います。

鱗海 マスターチューン 竿曲がり

《マップ》

※マップの釣り場の大まかな場所です。釣れたポイントとは異なります。自己責任の元、十分に注意して釣行してください。

《釣行メモ》

釣行日 2018年4月18日
潮汐  中潮
 満潮  08時07分
 干潮  14時30分
(佐伯市鶴見)

《使用タックル》

竿  鱗海マスターチューン 0号530  シマノ
リール  BB-Xテクニウム SUTブレーキタイプ 3000DXG S LEFT  シマノ
道糸  LIMITED PRO PE G5+ 0.8号  シマノ
ハリス  グランドマックスFX 1.5号  シーガー
ウキ  大知遠投60 LL 00号・黒魂エースL00号  キザクラ
ハリ  ハヤテX 7号  オーナーばり
 勝負グレ6号  金龍鉤

《エサ》

サシエ  食い渋りイエロー、くわせオキアミスーパーハードL  マルキユー
マキエ  チヌパワーV10白チヌ、爆寄せチヌ、瀬戸内チヌ、チヌパワースペシャルMP 1/3袋+オキアミ3kg×2角、押し麦1袋  マルキユー

《利用渡船》

第三正幸丸

The following two tabs change content below.
中川 典哉
中川 典哉
(なかがわ のりや)。ホームフィールドは熊本県天草地方・大分県全般・他遠征は愛媛・長崎・広島など。足場の良い波止場や磯をメインに年中チヌを追っかけております。チームメンバーに車いす使用者がおりバリアフリー堤防からの釣行が多い。◯所属:Team狙チヌ リーダー、SWFC福岡支部。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする