フカセ釣りで良型チヌがヒット!/歩渡島の大岩(倉敷市下津井沖)

シェアする

GFG(がまかつファングループ)岡山支部の今年最後の親睦会に下津井沖へ行ってきました。

下津井には結構行っていのですが、「歩いて渡る島」と書く歩渡島ぶとじまにある大岩に初めて渡礁しました。

お隣の歩渡島のスベリには釣友が渡礁しました。

スベリの釣友が朝イチから良型釣り、私も小型のチヌを手にし『絶不調って嘘かも』と思ったのも束の間その後、お互い沈黙。

朝は潮がまだ低いので大岩を挟んで右、左側で小型のチヌを拾いつつ、アタリがあっても乗らないアリ地獄に突入。

そして10時過ぎに周りの足場が怪しくなったので意を決して大岩に登山して右に行ったり左に行ったりする潮に翻弄されながら小型小型、小型地獄

そうこうしているうちに残り1時間半に。

釣友のいるスベリにトロトロ流れる潮が行き出したので、沈めては仕掛けを止めて浮かせ誘いをいれながら流して、まずは40アップ枚。

そしてチヌをライブエルに入れ連発を狙い仕掛けを入れると当て潮に変わり、この潮の中で30cmクラスを1枚。

さらに潮がコロコロ変化。スベリに超トロトロで流れる潮の時に、超張りもって流し40アップを釣り上げ納竿となりました。

時間はまだ40分位ありましたが、最後に釣った40アップを取り込んで鈎を外そうとしたら仕掛けが付いてるはずの道糸がヒラヒラ……。

足元の沈み根に何度か当たったのは分かりましたがサンライン『磯スペシャル ゴルデッシュ1.35号』が取り込むまで良く耐えてくれました。

無理をすれば30分位やれたのですがマキ餌で汚れた磯の綺麗に清掃し片付けて大岩をあとにしました。

帰港後の検量では前評判の「厳しい!」「釣れない!」はどこえやら。皆さん、よぉー釣ってました。

知人も4kg超えを持ち込み優勝

他の選手も良型を持ち込み賑やかな検量になりました。

して私は7枚位釣ったのですが後半の良型枚だけ持ち帰り検量。前評判の不調に反し良型、大型を持ち込む人が多くいたので2kgオーバーでは10位内は無理でした。

しかし順位はつかなくとも多くの知人友人とワイワイ楽しく親睦会を過ごす事ができた良い一日でした




《マップ》

※マップの釣り場の大まかな場所です。釣れたポイントとは異なります。自己責任の元、十分に注意して釣行してください。

《釣行メモ》

釣行日 2018年12月9日
潮汐 中潮
 満潮  12時34分
 干潮  06時01分
(与島)

《使用タックル》

竿

がま磯 黒斬F50

がまかつ
リール

インパルト3000LBD

ダイワ
道糸

磯スペシャルゴルデッシュ 1.35

サンライン
ハリス

トルネード黒鯛ハリス 1.25

サンライン
ウキ エアゾーン AZ27DM ヒロミ産業
ハリ TKO 7号 がまかつ

《エサ》

サシエ

くわせ沖アミスーパーハードL、高集魚レッド

マルキユー
マキエ

チヌパワームギスペシャル×1袋、瀬戸内チヌ×1袋、湾チヌスペシャル半袋+沖アミブロック3kg×2

マルキユー

The following two tabs change content below.
山本 照芳
山本 照芳
GFG岡山、TEAM AIR ZONE所属。ちぬ釣りならば磯でも波止でも筏、ルアーでもの何でも屋♪その他、グレ、ブラックパス、シーバス等のソルトルアーも少々の変なオジサン
編集部のオススメ

シェアする

フォローする