フカセ釣りでチヌ好釣果/家島諸島 男鹿島の渚・鞍掛島(兵庫県姫路市)

シェアする

About Author
木下慎也プロフィール

チヌを持つ筆者(木下さん)

悪条件のチヌを攻略し好釣果!

家島諸島東部に位置する男鹿島、鞍掛島にマルキューフィールドスタッフ&金龍鉤スペシャルスタッフの白築理香さんと釣行しました。利用した渡船は家島諸島東部の磯を網羅する江沼渡船です。

例年、この時期の家島諸島のチヌは乗っ込みが終わって活性が悪くなり、逆にエサ取りは種類が増えて活性も上がるため、チヌ釣りは難しい釣りを強いられてしまいます。しかし、悪条件の中、チヌを仕留めるのもチヌフカセ釣りの醍醐味です!

当日は刻々と変わる風向き、強風の中の釣行となったので、まずは風裏となる男鹿島で渚釣りです。

AM9時まで上げ潮でカケアガリまでの距離あるので開始早々から遠投。用意したマキエの『チヌパワームギスペシャル』と『爆寄せチヌ』はまとまりが良く遠投が可能で、なによりマルキューチヌフカセ配合エサの中でも高集魚力を秘めています!

数投後、白築さんの竿が大きく曲がったと思うと、上がってきたのは40cmを優に超える良型のチヌです。

エサ取りが沢山いたので、サシエは目立たないように『くわせオキアミスペシャルチヌ』をマキエの中にゆっくり入れて行き、喰わせたとのこと。

白築さんと良型チヌ

渚で良型チヌを釣り上げた白築さん

続けて私にもヒット。金龍鉤『勝負ちぬ1号』に練りエサの『高集魚レッド』をできるだけ小さく、さらに沈下速度を抑えるために平たく付けて、白築さん同様にマキエと同調させることでサシエを目立たせないようにして喰わせました。

馴染ませた仕掛けとマキエが一致すれば高確率で喰うパターンでしたが、風が横からの強風に変わり、おまけに湾内の渚と言うこともあり底潮が弱く仕掛けとマキエを合わせることが難しくなりました。そこで船長お勧めの鞍掛島の小屋の跡へ磯替わりです。

普段この磯はカゴ漁の仕掛けが多く、船を付けることが困難で滅多に上がれないそうです。立っているだけで精一杯な強風のが吹き込んでいましたが、釣座は足元から水深があり本流への引かれ潮がしっかり仕掛けを馴染ませ運んでくれる状況です。

金龍鉤の『勝負ちぬネリエ&コーン1号』とサシエ『くわせ丸えびイエロー』と『食い渋りイエロー』をメインに使ったところ小型ですがコンスタントにチヌが釣れ続き、悪条件の中でしたが沢山のチヌに出逢えました。

今後の家島諸島のチヌの状況ですが、乗っ込みからの回復組が釣れ始めている情報もあるので
潮筋で数釣り、湾内では良型チヌが釣れ始める見込みです。

渚で竿を曲げる木下さん

渚で竿を曲げる木下さん

ヒット

開始早々に竿を曲げた白築さん

渚でチヌを持つ白築さん

渚釣りで良型チヌを釣り上げた白築さん

やり取りする木下さん

《釣行メモ》

釣行日 2017年6月10日
潮汐 大潮
 満潮  10時10分
 干潮  06時16分
(姫路)

《使用タックル》

竿 鱗海アートレータ 06-530  シマノ
リール BB-Xハイパーフォース 2500DXG  シマノ
道糸 銀鱗スーパーストロング ブラックマスターエクストラ  東レ
ハリス トヨフロン スーパーL・EX ハイパー  1.2号  東レ
ウキ 大知ウキGP(L 0シブ)&大知ふかせアタリウキ-G6  工房大知
ハリ 勝負ちぬ1号、勝負ちぬネリエ&コーン1号、勝負グレ5号  金龍鉤
使用した道糸&ハリス&ハリ

使用した道糸&ハリス&ハリ

大知ウキGP&ふかせアタリウキ

《エサ》

サシエ くわせオキアミスペシャルチヌ、くわせ丸えびイエロー、高集魚レッド、食い渋りイエロー  マルキユー
マキエ チヌパワームギスペシャル(1袋)、爆寄せチヌ(1袋)、ニュー活さなぎミンチ激荒、オキアミ3キロ ※上記を2セット使用  マルキユー

《利用渡船》

江沼渡船

シェアする

フォローする