ボートロック(タイラバ)で良型アイナメ&ソイ/苫小牧沖堤防(北海道苫小牧市)

シェアする

スポンサーリンク

苫小牧沖のアイナメ

苫小牧沖タイラバで良型アイナメ&クロソイほか

本日も昼からボートロックタイラバに行きました。この時期は、アイナメも型と数ともに狙えるので楽しいです。

アイナメは食べても美味しいですが、北海道の魚の大半に潜んでいるアニサキスがアイナメにも例外なくいます。クロソイではまだアニサキスは見たことがありませんが、クロソイには別の気持ち悪い寄生虫が季節によってはつくそうです。気になる方は検索されるとよろしいかと思います。

本日も天気が悪く、風は強いし雨は降るで散々でした。アイナメは50センチオーバーは船中2本と数でませんでしたが、40センチオーバーは誰かしらか継続的に当たっていました。クロソイは最大45センチで40センチオーバーは少なかったです。

それでもカジカやシマゾイ、エゾメバルなどのゲストもやってきたので状況が悪い中でも楽しめた日なのかと思いました。

今回はタイラバとひとつテンヤで行きましたが、途中ひとつテンヤに飽きてずっとタイラバをやっていました。結果として船中で一番大きな45センチのクロソイと51センチのアイナメを釣ることができました。

ソイは他に44センチと40センチ、アイナメは49センチとかなり良型が揃いました。トータルはアイナメが21本(ほぼ全て40センチオーバー)、クロソイが4本、エゾメバルが2本と状況が悪い中で上出来でした。

タイラバはオレンジ系統に多くヒットしました。ちなみにアイナメはニシンの稚魚やオキアミなどを吐き出していました。

例年この時期は赤ピンクに反応が良いのですが、今年はオレンジがよくあたります。この釣りのタイラバタックルはかなり特殊で、50センチオーバーの魚がヒットしてそれを引っぺがす必要もあるので、あまりライトなタイラバロッドでは切られます。大体、毎回ヒットしてラインブレイクする人を見ます。本日は3人やらかしました。

この海域の根魚は油断大敵です。しかし、魅力のある地域なのでまた行きたくなり来週も予約を取った次第です。今回も苫小牧勇払マリーナから出港するタマリスクさんです、僚船にホーネットさんもいますがこちらもお勧めです。

苫小牧沖のソイ

《釣行メモ》

釣行日 2017年6月11日
潮汐 大潮

《使用タックル》

竿 OCEA炎月投げ式S641F、炎月ひとつテンヤSPECIAL235H  シマノ
リール 13モアザン2510R、12トーナメントISO3000H LBD  ダイワ
ライン PE1号、PE0.8号
ハリス シーガーグランドマックスFX 3号、2号  シーガー
ハリ 環付き真鯛13号(親針)、12号(孫針)+シーハンター8号  ささめ針
タイラバ セブンスライド40g(オレンジ)  セブン
ひとつテンヤ 炎月 TG一つカブラ 8号  シマノ
ワーム エコギアアクア スイムシュリンプ  エコギア

苫小牧沖タイラバ

《利用遊漁船》

遊漁船タマリスク  http://tamaturi.com/
The following two tabs change content below.
めじろん号
めじろん号
釣歴30年、得意なジャンルはキスの投げ釣りと船釣り全般です。特に、最近は全国各地でタイラバで遊んでます。メインフィールドは北部九州及び北海道です。提供していただいたガイドサービスセブンの製品を北海道を主として故郷の九州や全国各地で試させてもらっています。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする