スポンサーリンク

青物狙いも熱い北海道のスルメイカ釣りとタイラバ/苫小牧~白老沖海域(北海道苫小牧市)

めじろん号

釣歴30年、得意なジャンルはキスの投げ釣りと船釣り全般です。特に、最近は全国各地でタイラバで遊んでます。メインフィールドは北部九州及び北海道です。海、淡水問わずいろいろな釣りにチャレンジし、特に、海釣りにおいては北海道のタイラバの普及、レバーブレーキを使用したスピニングタイラバの普及等に力を入れてます。

めじろん号をフォローする

今回は久しぶりに北海道に行き、スルメイカ釣りと根魚狙いのタイラバを楽しみました。

 

イカ釣りは当日、4時30分に集合してすぐに出港しました。1時間程走り、水深110m程の所でスタートし、すぐにイカがヒットしてきました。

当日はサバも少なく、釣り易かったのですが、いかんせん非常に潮の状況が悪く、3枚潮になっていました。

それでも、投入するとコンスタントにイカが乗ってきて、最高4ハイまとめて乗ってきました。

途中で水中ランプが電池切れを起こすと若干乗りが悪くなったので、やはり水中ランプの効果はあったのだなと思いました。

スルメイカ 釣果

20ハイぐらいスルメイカを確保して、それから根魚狙いのタイラバにシフトしましたが、今度は非常にレアな状況であるアミパターンでした。

北海道ではオキアミパターンになることはあるのですが、それは毎年年末頃。釣行時のような10月の末はベイトがシシャモなどにシフトしていて、かなり食いが良いというのが例年の状況でした。

ところが今年はアミ(ジャンボアミと同じサイズ)を捕食していたためか、タイラバにも反応が悪く、タイラバと同様にエサも着底してすぐにぐらいしかヒットしませんでした。

 

エサ釣りの人の中には、東北メバルサビキの仕掛けを使ってよく釣っている人もいたので、このパターンの時はやはりエゾメバルに特効の東北メバルサビキがあった方が良いなぁと思いました。

 

今回は釣り仲間たちとの釣りが主目的だったので、特に釣果は気にしていなかったものの、さすがに食いが悪かったので、途中からオキアミパターンのタイラバにシフトさせてなんとか釣果を追加できました。

北海道 タイラバ アイナメ
北海道 タイラバ

 

潮も底潮の動きが悪かったのでカジカ類が多かったですが、食べて美味しいメカジカが釣れたのが嬉しかったです。

メカジカ

 

最後に、ハマチやサバ狙いでポイント移動しましたが、サバや1キロ~2キロ程のハマチがサビキ仕掛けに入れ食いになるぐらい釣れて、船上はお祭り騒ぎになりました。

慣れていない人は、小さなハマチに走られてオマツリを引き起こしていたので、ある程度オマツリ防止のために魚を止められるタックルが必要です。

青物狙いのタックルは、ライトジギングのタックルで良いと思いますが、魚の走りを止められないスロー(ジギング)用の繊細なタックルは厳禁です。

タイラバ 北海道 ハマチ

 

一緒に同行した釣り仲間達は、エサ釣りでヤナギノマイやクロソイを釣ることができ、十分なお土産を確保できたので良かったです。

 

私の釣果は、船長に進呈して、船長のおススメの食事店に送られて行きました。

ここは苫小牧では非常にお勧めの食事店だったので紹介します。

非常に安価でしかも量が多く、美味しいお店でした。

「おかずバル one’s kitchen」

 

今回の釣行では、水温が高かったため、ハマチやサバが多かったですが、北海道のタイラバの最盛期は12月の年末頃なので、寒いですが北海道のタイラバで入れ食いを堪能したいのであればその時期もお勧めです。

ソイのサイズを追究したいのであれば、5月頃の乗っ込み時期が最適です。

 

かなり渋い状況でしたが、色々な魚を釣ることができ、釣り仲間との釣行を楽しめたので非常に良い釣行となりました。

【苫小牧沖のスルメイカ関連記事】

 スルメイカの過去記事①
スルメイカの過去記事②
スルメイカの過去記事③

《釣行メモ》

釣行日 2020年10月27日
潮汐 中潮
 満潮  13時30分
 干潮  06時27分
(苫小牧東)

《使用タックル》

竿 スクイッドロゴス1.95M 剛樹
炎月プレミアムエクスチューンS72MH、S66M シマノ
リール 19シーボーグ500MJ ダイワ
18ステラ4000PG シマノ
17モアザン2510PE-LBD ダイワ
ライン イカ用 PE4号+ナイロンリーダー 18号  
タイラバ用 PE 1号+フロロリーダー 3号  
イカ用仕掛け 浮きスッテ 4号  
タイラバ シャンクス 海遊
フック マイスターフック ハヤブサ
ワーム セブンズトレーラー ガルプ
紅牙フレアリーフ ダイワ

 

タイトルとURLをコピーしました