タイラバでソイやトウベツカジカ/苫小牧沖堤防(北海道苫小牧市)

シェアする

スポンサーリンク
トウベツカジカ ケムシカジカ

トウベツカジカ

10月14日(日)前日に引き続き、午後からボートロックに行きました。

この日は、南からの風が強く、出られるかがかなり怪しかったですが、なんとか出港できました。

ただ、いつもの沖堤防の内側しか攻める所がなく、日が暮れるまでの間、その場所を繰り返し流しました。

壁際ではアイナメを釣る人がいるものの、私は前日に50cmオーバーを2本上げていたので、すでに釣りをする前から満足して、まったりと釣っていました。

日が高いうちは、小さなエゾメバルや、底付近をワームで狙っていた人にたまにソイが釣れる程度で非常に食いが渋かったです。

エゾメバルの間に、前日の釣行でも釣れたトウベツカジカがなんと2日連続でヒットしました。前日のは残念ながらオスで卵が入ってなかったらしいです。この日も次の日が朝早くから仕事のため、クーラーを持って行ってなく、またまた船長に進呈しました。

今回は確実に卵が入っており、船長も大満足でしたが、なぜクーラーがない時に釣れるのかと、釣り人のあるあるのもどかしさでいっぱいでした。

その他に、良型のマカジカが釣れたので隣の人に進呈しました。

いずれも着底後、すぐにタイラバにヒットしました。この日は、いずれも『セブンストレーラ』にヒットし、どちらのカジカもトレーラをしっかりと食べていました。

日が暮れてからは、移動。またクロソイがコンスタントにヒットしましたが、前日に比べ、やや食いが悪かったです。

風と潮が反対で、当たりは多いものの、なかなかしっかりとフッキングせず、そのためスピニングは早巻きで潮に同調、ベイトはセブンストレーラで魚に深く食い込ませるというやり方でなんとかコンスタントに釣ることができました。

ベイトはまたもサバやイワシで、タイラバや魚型のワームに反応が良かったです。

ジグでやったらどうなるのかなと思ったので、次回はセブンのプロトの新型ジグで遊びたいと思いました。





《釣行メモ》

釣行日 2018年10月14日
潮汐 中潮
 満潮  17時22分
 干潮  11時36分
(苫小牧東)

《使用タックル》

竿 炎月プレミアムS610MH、B72M シマノ
リール 18ステラ4000、オシアコンクエスト200PG シマノ
ライン PE 1.2号
リーダー シーガーグランドMAX FX 4号 シーガー
タイラバ セブンスライド 60〜80g セブン
ワーム セブンストレーラ ガルプ

The following two tabs change content below.
めじろん号
めじろん号
釣歴30年、得意なジャンルはキスの投げ釣りと船釣り全般です。特に、最近は全国各地でタイラバで遊んでます。メインフィールドは北部九州及び北海道です。提供していただいたガイドサービスセブンの製品を北海道を主として故郷の九州や全国各地で試させてもらっています。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする