スポンサーリンク

クロムツ~オニカサゴリレー釣行/南房総・渡辺丸(千葉県鴨川市 江見漁港沖)

釣歴30年、得意なジャンルはキスの投げ釣りと船釣り全般です。特に、最近は全国各地でタイラバで遊んでます。メインフィールドは北部九州及び北海道です。海、淡水問わずいろいろな釣りにチャレンジし、特に、海釣りにおいては北海道のタイラバの普及、レバーブレーキを使用したスピニングタイラバの普及等に力を入れてます。

めじろん号をフォローする

水温低下と潮が動かずの状況で良型のオニカサゴをキャッチ 

11月26日、今回は、南房総の渡辺丸さんでクロムツ~オニカサゴのリレー釣行に行きました。

いつものように3時30分に集合し、出港して20分程走ってからクロムツ釣りを開始しました。

 

今回は、先行している船からの情報がなく、とりあえず前回使用したエサ釣り仕掛けを試してみようと思い、フラッシャーサビキではなく、エサ用の5本鈎仕掛けにしました。

船長のアナウンスで反応は底ベタということで、底から5m以内を丹念に探り、リアクションバイトで食わせるようにすると、すぐに1匹目のクロムツがヒットしました。

続いて2匹目がヒットし、多点掛けを狙おうとゆっくり巻くものの1匹ずつしかヒットしません。

 

3匹目を釣った時に一際大きなアタリがあり、しばらくするとバレてしまったったようでしたが、仕掛けを上げてみると鈎が曲がっていました。

正体は、底生のサメのようでした。

 

この後も、ぽつぽつとヒットするものの連続してヒットというわけではなく、偶然ヒットするような状況でした。

そのような中でも、サメのアタリが続き、次はエサだけ取られただけで済みました。

 

結局、6時40分頃まで粘って、トータルでクロムツを8匹ゲットできました。

他の同船者の方は、ゼロという方もいたので、やはり仕掛けが釣果を左右したのかなと感じました。

 

クロムツを終了し、そこから10分程走り、オニカサゴが始まりました。

 

今日は良型のオニカサゴが欲しいと思い、船長から教えていただいた攻め方をやっていると、いきなりオニカサゴのアタリが来ました。

上げてみると700g程のオニカサゴで、とりあえずオニカサゴのボウズは免れたと思いました。

続いて、また仕掛けを投入して竿をゆっくりと上下させ誘っていると、再びオニカサゴのアタリが来ました。

次も同じようなサイズのオニカサゴで、幸先が良いと感じました。

 

ここからコンスタントにヒットするのかなと思っていると、潮が止まり、かつ水温の極端な低下により活性が低くなりました。

そんな中でもなんとか底付近を丹念に探ると、本命のオニカサゴの他、アカイサキやウッカリカサゴ、アヤメカサゴ、ムシガレイなどがヒットしてきました。

激渋の中、終了までに何とか本命のオニカサゴを追加し、結局、1キロのオニカサゴをはじめ、オニカサゴのみで5匹、クロムツ8匹等非常に満足のできる釣行となりました。

 

今回は、手持ちで丹念に探った結果が釣果に結び付きましたが、他の同船者の方は、置き竿にしている方が多く、その方々にはほとんどヒットしませんでした。

やはり、渋い状況でも手持ちで誘うとヒットしてくるので、船長の言うとおりにやっていて良かったです。

 

今回の釣行も水温が低い状況でしたが、そのような状況でもコンスタントにヒットさせられるように引き続き仕掛け等の検討や研究を引き続き実施したいと思います。

《釣行メモ》

釣行日2021年11月26日
潮汐小潮
 満潮 09時44分
 干潮 02時08分
(勝浦)

《使用タックル》

竿スクイッドロゴス1.95M(剛樹)、極鋭中深場225H(ダイワ
リール16シーボーグ300MJ-L(ダイワ)、21ビーストマスター3000EJ(シマノ
道糸PE 3号
ハリスハリス フロロ6号、幹糸8号
ハリオニカサゴ 17号ひねりなし(がまかつ

《エサ》

サシエサバの短冊
タイトルとURLをコピーしました