スポンサーリンク

タイラバで良型真鯛/玄界灘(福岡市)

(よしかわ とおる)。福岡市在住。タイラバ&ひとつテンヤが好きなソルトアングラー

吉川 徹をフォローする

玄界灘 真鯛 タイラバ

2018年5月12日、福岡市中央区伊崎漁港より出船の「マリブエクスプローラー」さんを利用して、玄海灘タイラバゲームを楽しんできました。

台風の余波の影響で、波風ともにまだ高い予報だったので出船時間を少しずらしての釣行となりました。

午前6時出船、湾内はさほどでもないが外海に出るとやはり時化模様。しばらくしてポイントに到着すると、船が大きいためさほど揺れは感じません。

朝一は真鯛が当たらず移動すると、すぐに同船者に当たったが痛恨のバラシ。

同じ人に再度ヒットし、今度は龍野船長がやり取りのアドバイスをしながら70cmクラスの真鯛を無事ネットイン!

その後、しばらく沈黙の時間が流れたので移動。

タイラバを波動を抑え、シルエットの小さなタングステン製の『月華TG』に変更。するとボトムより3メートル上で何か当たった。すかさずアワセを入れたが、ただただ重いだけで、たまにドラグが出るもそこまで走りません。

やがて沖に白くぼんやり浮かんできたのは真鯛! 83cmの雄でアフターの個体でした。

イカメタルでお土産

その後は風も落ちて、「イカメタルする方はどうぞ」と船長からアナウンス。私も少しお土産が欲しかったのでスッテに付け替え投入してさくっと5ハイ確保。

イカメタル 玄界灘

イカメタルでお土産をキャッチ

潮が動いて良型真鯛キャッチ

船長が「真鯛の反応もいいですよ」と言っている。スッテも流れ出し、潮が動き出したようです。

ここですかさず『ドカン タイラバ スナッパーボール』を投入し、着底後の巻き上げですぐ当たった。これで60cmと70cmをキャッチ!

ヘッドの形状により、生み出る波動の強弱でタイラバをローテーションするよい勉強が出来ました。

 

《マップ》

※マップの釣り場の大まかな場所です。釣れたポイントとは異なります。自己責任の元、十分に注意して釣行してください。

《釣行メモ》

釣行日2018年6月12日
潮汐大潮
 満潮 08時18分
 干潮 14時41分
(博多)

《使用タックル》

竿炎月SS B610MH-Sシマノ
リールオシアコンクエスト200HGシマノ
ラインタナトル8 1号300mシマノ
リーダーラピノヴァフロロ 14ポンドラパラ
ルアー月華TG 70g オレンジゴールドシマノ
ドカン タイラバ スナッパーボール 100g シルエットブラック、ドカン タイラバ スナッパーボール 80g スーパーグローストーム

シルエットブラック、アピール度満点です

《利用遊漁船》

マリブエクスプローラー
タイトルとURLをコピーしました