スポンサーリンク

由良半島で良型グレ&イサキ/由良半島 雨崎4番(愛媛県愛南町)

GFG中国広島支部所属、チヌ、グレのフカセ釣りを年中楽しんでいます。マイホームグラウンドは、広島湾、江田島、倉橋島、蒲刈島等、グレシーズンに突入すると、福岡、長崎、大分、愛媛県等の磯へ遠征します。アウラフイールドスタッフ。フアゾムテクニカルモニター。
ブログ/広島のチヌ丸 https://blogs.yahoo.co.jp/tada0404831

広島のチヌ丸をフォローする

グレの釣果と古川渡船

寒グレ絶好調の由良半島の磯へ釣友と行ってきました。

利用渡船は平碆に待機している古川渡船さん。安全かつスピーディな磯渡しをしていただき、今回は名礁「雨崎4番」に上がりました。

雨崎4番 釣座

釣りを開始して約40分後、私に35cmクラスのイサキが釣れると、それからポツポツ40cm超の口太グレが釣れ、午後12時すぎまでに2人で10枚ほどゲット!

釣れる口太グレはすべて40cmオーバーで強い引きをしっかり楽しみます。この日の最大魚は釣友の池田君の釣った47cmの立派な口太グレでした。

納竿の約30分頃前に釣り座から沖へ流れる潮が発生したので、すかさずこの潮に仕掛けを乗せて流し釣りをすると…「バリバリ〜」と3連チャンでグレがヒット! その内、一番の良型1尾を瀬ズレで逃してしまいましたが、最後の1投にヒットしたグレは確実にゲットでき、劇的な幕切れとなりました。

13時30分納竿としましたが、あの沖へ出る下げ潮がもう少し早い時間帯にきてくれたらまだまだ数を釣る事が出来たと思います。

最終的には、2人で40cm~47cmまでの口太を13枚、30cm~35cmのイサキが6尾、ウマヅラハギ1尾の釣果があり、由良半島の磯のポテンシャルの高さをあらためて実感しました。

同行していただいた池田君に感謝するとともに、安全安心に瀬渡し頂いた古川渡船様たいへんお世話になりました。船長お任せで初めて上がった磯でしたが良型口太が良く釣れてくれ、楽しい一日となりました。

自然に感謝、釣りに感謝、由良の海に感謝!

グレをキャッチ

釣果と古川渡船

由良半島でグレとやり取り

由良半島 雨崎 釣果



《マップ》

※マップの釣り場の大まかな場所です。釣れたポイントとは異なります。自己責任の元、十分に注意して釣行してください。

《釣行メモ》

釣行日2018年2月9日
潮汐小潮
 満潮 13時27分
 干潮 07時34分
(宇和島)

《使用タックル》

竿がま磯 インテッサGⅣ 1.75号53がまかつ
リールインパルト2500LBダイワ
道糸ブルーモデル2.5(2.5号)ファゾム
ハリスLEVEL 2(2号)ファゾム
ウキゼロセンチヌ0号 オレンジトップアウラ
ハリ掛りすぎグレ 6~7号がまかつ
ガン玉ゴムコートガン玉 G3~G7FUJIWARA
ゴム張りガン玉 G5ヤマワ

《エサ》

サシエくわせオキアミスーパーハードM、オキアミ生マルキユー
マキエグレパワーV9徳用×2袋、爆寄せグレ×1袋+オキアミマルキユー

 

グレ用エサ

《利用渡船》

古川渡船
タイトルとURLをコピーしました