オカッパリのルアーゲームを安全&快適に楽しむ方法/解説 ヒロセマン(広瀬達樹)

【釣りぽ編集部】の制作記事。基本的な釣り方や釣り場情報、イベント・キャンペーン情報を中心に紹介。

釣りぽ編集部をフォローする

対象魚が多く、さまざまなフィールドで気軽に挑戦できるオカッパリのルアーゲーム。ただし、自然が相手で水辺で楽しむレジャーのため、万が一に備えておく必要があります。ここでは安全&快適に釣りを楽しむための装備について、メジャークラフトの広瀬達樹さんに解説していただきました!

ヒロセマンが紹介

私が解説します!【ヒロセマン/広瀬達樹さん(メジャークラフト)】

チヌゲームの装備一例

オカッパリの安全装備

ライフジャケット

不意の落水に備えるために、ライフジャケットは必須のアイテムです。ライフジャケットには、膨張式と浮力材が入ったゲームベストタイプの2タイプあります。足場の良し悪しやゲームスタイルに応じて使い分けるといいでしょう。

磯などの足場のよくない場所でのライトショアジギング、サーフのフラットフィッシュ、河口域でのシーバスゲームなどでは、ゲームベストタイプがおすすめです。

その理由は2つ。まず1つめは収納力の高さです。大容量のメインポケット&背面ポケットやプライヤーホルダーなどが装備されており、ルアーケースはもちろん、フィッシュグリップやリーダー、スマホなど、必要なもののほとんどを持ち歩くことができます。機動力に優れるため、広範囲を釣り歩くのに便利です。

2つ目は高い安心感。膨張式のライフジャケットは炭酸ガスなどの気体を気室に送り込んで浮力を得ますが、ゲームベストタイプはポリエチレンなどの固体の発泡材が浮力の元です。もしも、磯から転落した場合、膨張式ライフジャケットは鋭利な岩やカキ殻などで気室が破れてしまう恐れがありますが、浮力材ならその心配がありません。

足場が低くて消波ブロックなどがない波止やサーフなら、膨張式のライフジャケットを使用してもいいでしょう。

『おかっぱりゲームベスト』(メジャークラフト)

メジャークラフトライフジャケット

磯や沖堤防でのゲームに欠かせない固定式救命具。サーフや河口でのウエーディングゲームにおいても十分な安全性能を発揮する。メイン&背面のポケットは収納力が高く、プライヤーやグリップなどのホルダーも装備。

サイズ:フリー
カラー:プロブラック、ブラック
適合基準タイプ:L2(大人用浮力7.5kg以上)
価格(税込):20,900円

プライヤーホルダーなどが装備されているので便利

ライフジャケット【MCLJ】(メジャークラフト)

ライフジャケット

落水時に水を感知してふくらむ自動膨張式ライフジャケット。手動用作業策を引けば環境や状況に左右されず、いつでも確実に作動させることができる。手入れが簡単でボンベの交換も可能。国土交通省型式承認品。

サイズ:フリー
カラー:ブラック、カモフラージュ、レッドチェック
価格(税込)21,780円

ライフベルト(メジャークラフト)

ライフベルト

落水時に水を感知してふくらむ自動膨張式ライフベルト。上半身の動きを妨げないので、着用していても快適に釣りが楽しめる。手入れは簡単で、カバーを外して洗濯することができる。国土交通省型式承認品。

サイズ:フリー
カラー:ブラック、カモフラージュ、レッドチェック
21,780円

足場のいい波止などは、膨張式のライフジャケット&スニーカーでもOK

波止の安全装備

磯ではゲームベスト、磯シューズ、グローブなどは必須

磯の安全装備

帽子

頭部の保護、暑さや熱中症予防のためにも、キャップやハットタイプなどの帽子をかぶりましょう。

キャップ

偏光サングラス

日中に釣りを楽しむときには、紫外線から目を保護してくれる偏光サングラスを着用しましょう。海面のギラツキを抑えてくれるので、地形や潮の変化、ラインやティップの動きが把握しやすくなります。

偏光グラス

グローブ

魚をつかむとき、転倒したときなどに手を保護してくれます。また、濡れた手でロッドを握っても滑りにくくなり、釣りに集中できます。

グローブ

フットウエア

足場のいい波止や岸壁ではスニーカーでもいいですが、磯や消波ブロック帯などでは磯シューズを履きましょう。いくら足場がよくても、サンダルで釣りをするのは危険なのでやめましょう。

プライヤー&フィッシュグリップ

フックを外すときに活躍するのがプライヤーとフィッシュグリップ。安全かつスピーディーに作業できるので短い時合を逃しません。魚が暴れてフックが指に刺さるような事故を防ぐためにも準備しておきましょう。

アジやメバル狙いのライトゲームでは、『ライトゲームグリップ』がおすすめ

フィッシュグリップ

プライヤーも必需品

プライヤー