上五島でグレ、マダイ、ヒラマサ/美良島 ヘリコプター(長崎県北松浦郡小値賀町)

幼少の頃に近くの川でのハヤ釣りに始まり、中学生頃から漫画釣りキチ三平に影響されてクリークでのヘラブナ釣りやライギョのルアー釣りにハマる。27歳頃から磯釣り道に入って約28年。もっぱらのターゲットはグレ、チヌ、石鯛。年間釣行は40日以上。GFG佐賀県支部長。G杯チヌ全国大会2011、2013の2回出場。

160をフォローする

釣行日/2022年2月12日

昨今のコロナ禍により五島列島への遠征を躊躇していましたが、好天に恵まれた3連休の中日の2月12日に釣友の松本勉くんと久しぶりに上五島へと行ってきました。

 

渡船は、いつもお世話になってる平戸宮之浦の丸銀釣りセンターの三代目・久幸船長操る大型船マリンアスリート。凪日であれば軽快な走りで上五島一帯まで1時間程で行きます。

マリンアスリート 丸銀釣りセンター

 

当日は朝4時出船でしたが、好釣の上五島一帯は他船もかなり入っており、風裏となる好ポイントは限られるようでした。

帆上瀬から倉島へと瀬上げしていき、船は美良島へと向かい我々の番となりましたが、なんとA級ポイントの「ヘリコプター」が空いており上礁することとなりました。

美良島ヘリコプター

 

少々キツイ向かい風ではありましたが明るくなった7時過ぎ頃から釣り始めると、早速松本くんに45cm級の口太グレが釣れました。

すぐさま私にもヒットしますが、食いが渋いのか?ハリ外れでバラシ。

その次は尾長グレにハリを飲まれ、2号ハリスが切られてまたバラシ。やっと45cm級をタモ入れしますが魚が重くて上げれないでいると押してくるウネリの引かれにタモ網から脱走して行きました。

良型の口太グレ
口太グレ 美良島ヘリコプター

 

その後も50cm級のグレかと思わされた引きを楽しませてくれたマダイが釣れるなど、五島列島のポテンシャルを存分に味合わせてもらいました。

マダイ ヘリコプター 上五島

 

今回はターゲットを口太グレに絞るか、尾長グレに狙いを定めるかでハリやハリスの号数の選択に悩みましたが、結果釣れた八割方は尾長グレでした。

口太グレも例年であればお腹がパンパンとなって白子を出す個体が多いはずなのですが、今年はやはりどこも遅れているようでまだ腹七分というところでした。これから3月いっぱいは釣れるのではないでしょうか。 

 

上五島 釣果
大型グレ
ヒラマサを持つ

 

 

《釣行メモ》

釣行日 2022年2月12日
潮汐 中潮
 満潮  06時44分
 干潮  12時31分
  (福江)

《使用タックル》

竿 がま磯マスターモデルⅡ尾長M-50(がまかつ
リール BB-Xテクニウム2500SUT(旧型)(シマノ
道糸 アイサイト1.75号(東レ
ハリス ジョイナーボスメント 2号(ダイヤフィッシング
ウキ イジアマスターピースLC(02、04)、大征黒5B(釣研
ハリ セレクトグレ5~7号、競技口太 6号(がまかつ

尾長狙いの時はハリ7号に先ハリス30cmを2.5号とした。また、全遊動時はハリスにガン玉を段打ちして強制的に沈めた。

 

《使用したエサ》

サシエ くわせオキアミ スーパーハードL、くわせオキアミV9、特選むきエビ(マルキユー
マキエ グレパワーV9徳用、グレパワー遠投フカセスペシャル、沖撃ちスペシャル各1袋(マルキユー)+オキアミ3角