【レバーブレーキ付きスピニングリール】でのバーティカル タイラバについて

シェアする

スポンサーリンク

以前、バーティカルのスピニングタックルのメリットを紹介させてもらいましたが、それを進化させたレバーブレーキ(LB)搭載のスピニングでのバーティカルタイラバを紹介します。

めじろん号さんが愛用するレバーブレーキ搭載スピニングリール。ハンドル交換によりスムーズなフォールや巻き上げが実現した

バーティカルスピニングについて

まず、通常のスピニングリールを使ったバーティカルタイラバのメリットとデメリットを紹介します。

一般的に言われているのはメリットが「フォールが速い」「キャストができる」、デメリットは「底取がわかりにくく根掛かりしやすい」ということです。

ちなみに後述するレバーブレーキ搭載のスピニングを使ったバーティカルのスピニングタイラバ(長いので以降バーティカルスピニングと呼びます)等では、従来のスピニングタックルのようにキャストしてのテンションフォールに加え、レバーブレーキを使ったテンションフォール、フリーフォールなどができ、さらにベイトリールとほぼ同じぐらい底取ができるという特性があります。

バーティカルスピニングでよく勘違いされてると感じるのは、デメリットと言われる「底取がわかりにくい」という部分です。

10年ほど前に始めた時にも底取についてよく言われましたが、逆に「ジギングでもスピニングでやる人多いのに、タイラバではなぜベイトリールに拘るのか?」と疑問に思っていました。

そこであるときバーティカルスピニングを試したところ、意外と釣れました。それもベイトの人と比べても全く遜色なく、いやそれ以上に釣れ、「スピニングでもできるのだ」と実感。それがこの釣りを本格的に始めるきっかけでした。

以降、大分や長崎、関東などでテストし、そのメリットとデメリットを研究し、どのようにすればスピニングのメリットをバーティカルでのタイラバなどに活用でき、ベイトとの使い分けをどうするのが良いかを考え、スピニング主体のタイラバを構築していきました。

その際に、当時磯釣り用に購入したレバーブレーキ搭載スピニングリールを使ったタイラバができないかと思い、船釣りだけでなく、エギングなどでもその特性を活かす方法を研究。しかしバーティカルスピニングで試したところ、フォール時にはムラがあり、巻き上げパワーがなく、「これは水深が深い所(100m程)のタイラバには向かない」と思いました。

それ以降はノーマルのスピニングリール(ダイワやシマノのローギアタイプ)で引き続きバーティカルスピニングを楽しんできました。

その後、北海道に転勤してきて、各地で北海道の独特の釣り方に触れるとともに、タイラバやインチクを試してみて北海道の魚にもタイラバやインチクが通用することを確認。さらに苫小牧沖の沖五目やボートロックに頻繁に行くようになり、よりタイラバやインチクにはまり、北海道の独特なタイラバを確立しました。

これに関連しては関東にいた頃、外房にひとつテンヤ通っていた経験を活かし、北海道の根魚に有効な北海道式ひとつテンヤも確立できました。

まずは北海道の根魚で確立

LB搭載スピニングはハンドルがポイント

北海道のタイラバを楽しむ内に、ローギアのレバーブレーキが発売され、気になったので購入したところ、「これは使えると思い」、苫小牧沖の釣行で試してみました。

するとシングルハンドルではハンドルの逆転にムラがあり、魚にバイトするタイミングを与えるのは難しいと思い、まず目を付けたのがハンドルの性能向上でした。

ハンドルで互換性のあるリールから各ハンドルを持ってきて近くの堤防に試しに行ったりし、何度も試したところ、ダブルハンドルならばムラが少ないことに気が付きました。

しかし、個人的にはシングルハンドルが好き(なぜかいつも大型がかかるため)なので、シングルハンドルでいい手段はないかなと検討していたところ、リブレさんとカンジインターナショナルさんのコラボモデルのバランサー付きのシングルハンドルと出会いました。

「これだ!」と思い購入して付け替えて次の釣行で使ったところ、非常に安定したフォールを実現でき、しかも確実にフォールで食わせたと実感できることが増えてきました。

バランサー付きのシングルハンドル。ダブルハンドルでも同様の効果がある

その後、北海道式ひとつテンヤにもこのリールを使ったところ、非常に安定したフォールができました。

ただ、同じレバーブレーキ搭載のスピニングリールでもルアー専用と磯用のものではやはりフォールの演出に差が出ると思い、「タイラバにはシーバス用のレバーブレーキ搭載のスピニングが最適である」と現在のところの結論に至りました。

レバーブレーキの形状ですが、一番最初に購入した磯釣り用のレバーブレーキ搭載のスピニングからレバーブレーキを外し付け替えてみると、個人的にはレバー操作をし辛いと感じました。やはりルアー専用の短いレバーブレーキが一番使いやすく思います。

なお、レバーブレーキ搭載のスピニングのメリットはスプール交換が磯用リールと同じくワンタッチでできること。しかも事前にドラグ設定を終わらせていればスプールを交換してもすぐに使える状態であることです。

このハンドルの試行錯誤で判明した事項としては、やはりジグならスローのようにテール側にもアシストフックを付けフォール速度を調整した方が安定したフォールができるということ。(ただし、普通のシングルハンドルではやはり安定したフォールは難しいです。)

タイラバでなんとかできないかと考えていましたが、変にワームを付けると安定が悪くなることもあり、竿先などの角度に注意し、絶妙な速度でフォールさせることによりヒットさせていきました。

その後、最近セブンスライド製品の『セブントレーラー』を試したところ理想のフォールを演出でき、かつ匂いもあるワームを使え、巻き上げでも安定した動作ができました。そこで、現在のところ、基本は『セブンスライド』の『セブントレーラ仕様』かつジャンプパーツを使用した3本針が一番メインとなる設定かなと思っています。

真鯛にも有効! レバーブレーキでのバーティカルスピニング

北海道でこの釣りをある程度確立し、九州に戻った際に真鯛に使ったところ、『セブントレーラー』が作られる前の状態でも真鯛を普通にフォールで食わせることができました。この真鯛は、サイズこそ50cm程でしたが、レバーブレーキ搭載のスピニングを用いたバーティカルスピニングは真鯛にも有効というのがわかっただけでも大きな収穫でした。

バーティカルスピニングはもちろん真鯛にも有効

従来のスピニングタックルに比べ、レバーブレーキを使用してのテンションフォールにより着底の際の底取がベイト並みに良くなるので、非常に良いと思いました。

また、普通のスピニングの性能も併せ持つので、パラシュートアンカー使用時の時など釣り座の不利がある際にキャストして着底場所をずらすことにより、スレていないフレッシュな個体を狙い撃つことも可能です。

なお、私はスピニングだから細い糸が使えるという点はメリットとして紹介しません。最近では、私のバーティカルスピニングと同様のタックル構成で、ドテラでも細糸を使う人がいますがこれはお勧めしません。

私は10年間、ほぼバーティカルスピニングしかやってないためか、ドテラでもかなりの数の真鯛や青物を取りました。極端に糸が出た状態でヒットさせると取り込みに時間がかかり、かつ細いとラインブレイクの可能性が大幅に上がってしまいます。

やり取りに慣れていても周りの人に迷惑がかかることが多いので、余程仲間内でのチャーターなど以外はやらない方が賢明です。むしろ、ドテラでバーティカルスピニングをやるぐらいなら電動リールを使って回収効率を上げて落とし直す方が賢明かと思います。

電動タイラバも当時シーボーグの150Jが出た頃でバーティカルスピニングで攻略できない時に使っていましたが、特に100m以上の水深の場所やドテラ状態になるとき、大シケなどで船が安定しない時などには効果てきめんでした。長崎の島原半島と天草の間の海域は非常に流れが速く、かつ水深が深いので当時電動タイラバは重宝しました。

話がそれましたが、レバーブレーキ搭載のスピニングのデメリットのひとつが【値段=性能】であることが多く、始めるにあたり初期投資がかかるということです。

その他の小さなデメリットとしては、ある角度及び条件でレバー操作をするとレバーのスイッチが外れ、逆転防止機能が機能しなくなることもあります(17モアザンシリーズで確認)。この逆転防止機能はすぐに直るので気にせず使用しています。

その他にレバーがあるのでキャストし辛いなどもありますが、こちらは慣れれば気になりません。

リールの番手(サイズ)の使い分け

リールの番手の使い分けについては、バーティカルスピニングでの私のリールの選定要領と同じです。

70mを基準にして、それより深いとシマノの4000番サイズ、それよりも浅い場合はダイワの2500番サイズ(LTコンセプトではないもの)やシマノ3000番サイズのリールが一番使いやすいです。

タイラバのヘッドの重さとしては120gまでのサイズならダイワ2500番サイズ、それ以上(200gまで)ならシマノ4000番サイズが使いやすいと個人的には思います。

竿自体はキャスティングタイラバ用の竿でも良いのですが、物によっては胴に張りがありすぎるものもあり、それらの竿はバーティカルスピニングにはあまり向きません。一番良いのは、ライトジギング用の竿などが一番無難かと思います。

この際、リールシートはフジのリールシートで丈夫な物を選んだ方が大物とのファイトが安心してできます。近年流行っている軽いプラスティックのような薄いリールシートはバーティカルスピニングでは破損することがあります。

高い竿=丈夫で良い竿ではないので、一番大切なのは自分の感覚にあう道具を選ぶことが緊要だと思います。

ガイドも高価なガイドである必要はなく、高くてもチタンガイドぐらいが無難なのかなと思います。穂先は、個人的にはメタル穂先が大好きですが、私の住む北海道のように寒さが厳しい地域では、やはり普通の穂先が無難です。

最後に、今回は私のバーティカルスピニングの完成形であるレバーブレーキ搭載のスピニングを使用した釣り方等を紹介しましたが、個人的にいつも思うのが人に迷惑をかけない範囲で自分のやりたい釣り方をやると考えることが一番大切だと思います。

このバーティカルスピニングも10年前(今でもですが)は、非常識な釣り方として冷ややかな目で見られていましたが、ずっと続けてきた結果、ベイトを使う人よりも多く釣ることもでき、船長や他の人の理解を得られるようになりました(編集部の方には新しい釣り方と言われましたが、昔からやっている人が少なすぎるのが意外かなと思いましたが)。

スピニングが非常に優れているというわけではなく、状況に合わせていろいろな組み合わせをすることで釣果を重ねていくことが可能になるというのが、今の私のスタイルとなっています。

レバーブレーキ搭載のスピニングは汎用性が高く、多くの釣りに活用することができる可能性を秘めているので今後も面白い使い方を紹介していければと思います。

The following two tabs change content below.
めじろん号
めじろん号
釣歴30年、得意なジャンルはキスの投げ釣りと船釣り全般です。特に、最近は全国各地でタイラバで遊んでます。メインフィールドは北部九州及び北海道です。提供していただいたガイドサービスセブンの製品を北海道を主として故郷の九州や全国各地で試させてもらっています。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする