ファミリー釣り天国でチヌ&アジ/大入島 荒綱代東港(大分県佐伯市)

シェアする

大入島 チヌ持つ

ファミリー釣り天国・大入島

ゴールデンウィークに嫁さん孝行で佐伯市大入島に一泊で釣りに行くことに。今回は、嫁が主役で私はサポートです。

6時にフェリー乗り場に到着するとすでに順番待ちをしている方々がいたので挨拶を交わすと皆さん釣りが目的の様です。臨時便で出航すると7分で大入島に到着。皆さん思い思いの場所へ移動して行かれました。私は初めてなのでとりあえず海岸線をドライブしながら場所を探します。

10分も走らないのに広々とした港と公園(トイレ付)があったので取りあえずここで釣って見ます。広い港なのに誰も居ません。雨が降っているので敬遠しているのでしょうか?

早速波止の中間近くで釣り座を構え、準備をしながら撒き餌を作りつつ撒いてみますが予想に反して魚影が見えない・・・。やはり釣り人が少なくて餌が入って無いのでしょう。

今日は少し強い雨で風も吹いているのでまずは嫁さん用にサビキ仕掛けを作ります。30分位何も居ませんでしたがやっと撒き餌が効いてきたようでアジ子の群れがバシャバシャし始めました。するとサビキに1投毎に釣れ始め、ここから私は仕掛けが絡まない様に魚を外したり、撒き餌をしたり、ある程度魚が溜まったら捌いたりと大忙しです。

しかしこの雨の中、嫁も一生懸命釣っています。嫁も釣り好きなんですね。

40~50匹位釣ったらあれ程いた魚がすっかり見えなくなったのでチョット一息。トイレと食事タイムにして釣り場を休ませます。これを機会にチヌやクロ(グレ)が釣れればと思い私も準備。仕掛けが出来たので嫁と背中合わせで釣り開始。

潮は左から右へゆっくり流れています。撒き餌を続けていると少しずつアジ子の魚影がこちらに来ます。アジ子を釣りながらチヌやクロの居場所を探します。

嫁の方は全然釣れなくなったので上層から底まで色々と棚を変えて釣るようにアドバイスをすると底のほうでアラカブやメバルが釣れ始めたました。これで、しばらく自分の釣りが出来そうです。

どこかで良型のチヌかクロが居ると信じて仕掛けを遠近、左右と釣りますが20cm位のアジ子しか釣れません。

もう相当撒き餌が効いていると思うので重たい仕掛けにして底付近に狙いに変えると付けエサが時折残る様になりました。何となく今がチャンスかなと付けエサを黄色い練り餌『食い渋りイエロー』(マルキユー)に変えて投入。

その後、嫁の様子を見ているといきなりひったくる様なアタリが! 完全に魚に主導権を握られています、このままでは藻の中に入られてバラシ確実なので強引に竿を寝かせつつ、突っ込みに堪えます、これが良かったのか突っ込みは止まりましたが、その後もなかなか上がって来ません。

ここは魚との根競べで耐えているとようやくこちらへ寄って来てチヌの姿を確認し無事にタモ入れ出来ました。

早速写真撮影と検寸をすると43cmで腹パンパンでした。(今日はずっと雨で今日初の写真でした)

直ぐに次を狙いますがチヌが暴れたのが原因なのか何の反応もありません。しばらくして微細なアタリが3回ほどありましたがアワセまで行かず今日の私の釣りは終了です。

嫁はまだ釣りがしたいらしいので、私は港の掃除や魚捌き等をして後片付けが終了したので嫁さんもやっと納竿しました。

《本日の釣果》

私 チヌ43cm1尾

嫁 アジ子15~20cm約70尾、アラカブやメバルが各5尾

大入島のチヌ

PS

チヌは今乗っ込み真盛りなのでじっくりと釣ればもっと満足する釣果が得られる思われます(撒き餌も時間も少なかった)アジも夜は良い型が上がっているそうです(宿泊所の方の情報)

なお終日雨のため写真がほとんど撮れませんでした。

《釣行メモ》

釣行日 2017年5月4日
潮汐 大潮
 満潮  12時32分
 干潮  07時28分
(佐伯)

《使用タックル》

竿  トーナメント制覇1号 5m  ダイワ
リール  インパルト競技2500LBD  ダイワ
道糸  磯スペシャル ビジブルプラス 1.5号  サンライン
ハリス  スーパートルネード1号~1.25号  サンライン
ウキ  ブロウ 0号  YOU・SHI
ハリ  閃烈グレライト 6号  ヤイバX
ガン玉  8〜5号

《エサ》

サシエ くわせオキアミスーパーハード

食い渋りイエロー

 マルキユー
マキエ 遠投チヌ

爆寄せチヌ

オキアミ2角(約6kg)

 マルキユー

The following two tabs change content below.
牟田 和隆
牟田 和隆
(むた かずたか)。久留米市在住、YOU・SHIフィールドスタッフ。長崎県平戸・松浦の磯、波止をメインに九州全域に出没するフカセ釣り師。

シェアする

フォローする