フカセ釣りでチヌ連発!/牛窓沖・上筏(岡山県瀬戸内市)

シェアする

上筏 牛窓 チヌ

岡山県牛窓沖で開催された釣研FG岡山支部の納竿大会に役員兼選手として参加してきました。

くじ運よく、「上筏(かみいかだ)」に渡礁。ここは冬場の実績がいいのは知っていましたが、竿出しするのは始めてです。会員の岡崎さんと一緒に上がりましたが、彼は牛窓沖の釣りに精通しているので心強い同礁者です。

私は東側の1段下がった所に釣り座を構え、岡崎さんは船着きで竿出しです。

ウキ下を2ヒロ半に設定し、15~20㍍沖を狙います。潮は左から右へあて気味にゆっくりと流れてきます。が、ウキに反応ないままエサ取りのフグにやられる状況が続きます。

流しにくさもあるので、東に向けてド遠投です。すると、潮は東の先端の干し出し岩方向へ流れて、いい感じの雰囲気が伝わってきます。数投後、セットしたウキ『翔黒』が海面下に沈んだ後に一気に消し込まれました。

「フグか!?」と思いきやチヌ独特の引き! しかも、重量感がありかなり大きそう! と、思った瞬間「フワ?!」…。ラインブレイクです。シモリが点在しているので、取り込みは注意が必要そうです。

30分程沈黙が続いた後に再びウキが消し込まれました。今度は慎重かつ、強引な取り込みで38cmのチヌをゲットです。この時期のチヌは、サイズ以上の引きをするので、結構楽しませてくれます。

立て続けに、30〜35cmクラスを釣ったのですが、その後は2時間以上沈黙です。

正午すぎ、南東方向15m付近に狙いを変えていた時にウキが瞬時に消えました。アワセてかなり重量感のある引きを感じた直後に魚が走り出し、あえなくラインブレイク…。おそらくコブダイです。

ただこのヒットを機に沈黙を破り、連発劇再来!

潮はゆっくりと西から東の干し出し岩へと向かっています。朝、吹いていた風も一時はさほど苦にはならなかったのですが、ここへきて、背中から感じたのでウキをチェンジ! 水中ウキとセットになっている『ツインフォース』に変えて、しっかり底潮をとらえる作戦です!

交換後の一投目、ウキが一気に海面下へ! なかなか元気のいい引きをしていたのは41cmのチヌでした。その後4連チャンし、最後は45.4cm!

納竿30分前には足場をキレイにし、道具を片付けて迎えの船を待ちました。

針外れや、シモリで切られたのを含めれば、充分に2ケタ釣果に届いてましたのですが、自分の未熟さを痛感! まだまだ、修行中であります。

このポイントは水深は浅いですが、シモリや落ち込みなど狙うポイントは多く、この先、年明けくらいも釣果が期待出来る場所だと思えます。

上筏 釣座 灯台 牛窓

上筏の灯台部分からチヌを狙った。こちらが東側の釣座

《マップ》

※マップの釣り場の大まかな場所です。釣れたポイントとは異なります。自己責任の元、十分に注意して釣行してください。

《釣行メモ》

釣行日 2017年12月3日
潮汐 大潮
 満潮  10時55分
 干潮  17時05分
(宇野)

《使用タックル》

竿 がま磯アテンダーⅡ 1号5.0m がまかつ
リール BB-X デスピナ2500DHG シマノ
道糸 銀鱗スーパーストロングNEO 1.75号 東レ
ハリス トヨフロン スーパーL・EXハイパー1.5号 東レ
ウキ 翔黒 B、ツインフォースタナ B 釣研
ハリ ナノチヌ 2号、3号 がまかつ

《エサ》

サシエ 高集魚レッド、アピールホワイト、オキアミ生 マルキユー
マキエ 気儘なエサ屋さん オリジナル3袋+オキアミ生6kg

岡山の磯釣りポイントをドローン空撮で紹介!

『空撮 岡山釣り場ガイド島しょ部版』

The following two tabs change content below.
重野 司
重野 司
(しげの つかさ)/岡山黒鯛倶楽部、楽釣会、GFG、釣研FG所属。東レラインテスター、釣研スペシャルスタッフ。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする