百石の堤防(長崎県諫早市)

シェアする

釣りぽ つりぽ 田中 百石

35cmのメイタと

大村湾の波止でチヌ釣り

4月19日、チヌの顔が見たくなり、長与港近辺へ午後からチヌ釣りへ行ってみた。

マキエはマルキューの『湾チヌスペシャル』と『チヌの道』を1袋ずつにオキアミ1角を混ぜたもので、ツケエは『喰わせオキアミ L』と『喰い渋りイエロー』を準備した。

仕掛けは釣研『 瞬黒』の5Bを使った半遊動仕掛けでタナは竿1本半からスタート。ハリはヤイバ『プロフェッショナルチヌ』2号とした。

14時から釣り始めるも、アタリは無く、ツケエも盗られない。タナを変えたりしても変化がないので、ウキを『プログレスチヌ ハイグレード』S3に変更して沈め釣りを試してみるもアタリは無く、戻ってくるツケエも冷たい状態・・・。このままでは望みが薄いと判断し、15時半に場所移動を決断。

次にやってきたのは同じ大村湾の百石の堤防。仕掛けは『プログレスチヌ』のままで16時に釣り再開。するとここでは1投目から穂先をつつくアタリがある。こちらの方が魚の活性は高そうだ。

しかしなかなか針掛かりしない中、ようやくヒットしたのはアジだった。ここから連続でアジがヒットし、「厄介だな」と思っていると再び沈黙がスタート。

そんな中、17時になった頃にやっと本命のアタリがあり、上がってきたのは30cm程のメイタ(小型のチヌ)。型は小さいがやっと本命が釣れてホッとした。その後はポツリポツリと手のひらサイズのメイタを追加していたが、18時を過ぎたころに穂先を引き込むアタリがきた!

これまでの魚よりも手応えがある引きで、ゆっくり寄せてくると35cmのメイタ。ここから集中して狙っていったが、18時半にマキエが無くなり納竿とした。

前々日の雨の影響なのか、魚の反応が悪く、メイタのみの釣果で終わってしまったが、この後水温が安定すれば数釣りが出来るようになるだろう。

釣りぽ つりぽ 田中 百石

当日の釣果

釣りぽ つりぽ 田中 百石

堤防全景

釣りぽ つりぽ 田中 百石

釣り座

《マップ》

〈アクセス〉諫早市喜々津から大村湾沿いの207号線を直進。百石公民館(県営バス 宮ノ下バス停手前)から右折して海へ下った堤防。

釣りぽ つりぽ tsuripo

最寄りのバス停

《釣行メモ》

釣行日  2017年4月19日
潮汐 小潮

《使用タックル》

竿 鱗海スペシャル アートレータ 1-530  シマノ
リール BB-Xデスピナ C3000 TYPE-G  シマノ
道糸 ゴルディッシュ 1.75号  サンライン
ハリス トルネードコング 1.5号  サンライン
ウキ 瞬黒 5B、プログレスチヌ ハイグレード S3  釣研
ハリ プロフェッショナルチヌ 2号  ヤイバX
小物 潮受ウキゴム(M)  釣研
釣りぽ つりぽ 田中 百石 釣研 プログレス

プログレスチヌ ハイグレード S3

釣りぽ つりぽ 田中 百石

瞬黒5B

《エサ》

サシエ  くわせオキアミL、食い渋りイエロー  マルキユー
マキエ  湾チヌスペシャル、チヌの道  マルキユー

The following two tabs change content below.
田中 一義
田中 一義
長崎県諫早市在住。釣研スペシャルスタッフ。釣研FG長崎県南支部、TEAM YAIBA長崎所属。
編集部のオススメ

シェアする

フォローする