足摺岬でグレのフカセ釣り/伊佐 大バエ(高知県土佐清水市)

シェアする

About Author

トーナメントISO AGS リアフォース

12月11日に高知県足摺の伊佐へ行ってきました。

別エリアでの釣行予定でしたが、この日は波があり、急遽予定を変更しての足摺釣行でした。

岡野渡船様にお世話になり、弁当船で渡ったのが灯台下の丘寄りにある「オオバエ」です。東磯ですので風裏で快適でした。

伊佐は30~38cmくらいの「足摺サイズ」と呼ばれる大きさのグレがよく釣れるので、口太狙いのタックルを組みました。

さっそく足元にコマセを撒いてみると、50~65cmの巨大キツ(イスズミ)がウヨウヨ…。魚の活性は高いようです(笑)

最初は磯際を攻めてみることにしました。コマセに群れる巨大魚の中へ仕掛けを入れていくと、「ビュンッ‼︎」とウキが消えてアワセと同時に強烈な締め込み! レバーで体勢を立て直しゆっくり浮かせてくると色が違う…。

定番のゲスト「イラ」でした。

引きは強くて最高に楽しいですけど、やっぱりグレが釣りたいです(笑)

しばらく刺し餌が残る時間があり、潮も動かない場所ですので、悩んでいると沖の方に潮目を発見!

すぐさま遠投してコマセを打って仕掛けを張りながら待っていると、ウキがスーッ…と入り、同時にラインがバチバチバチッと走る気持ちいいアタリが来ました!

アワセを入れるとグレっぽい引き! 引きを楽しみながら寄せてタモでキャッチ。35cmとレギュラーサイズの綺麗な口太でした。

これは続くと思い同じ場所に仕掛けを入れて、コマセを打って待っていると…バチバチバチッ! 連発です‼︎ 少しサイズアップの37cm。

また同じように入れると、またまたHIT。楽しすぎます(笑)

この後は、毎回アタリはあるのですがウキが入っても掛からないことが多く、ガン玉を打ったり外したり、刺し餌(4種類)をローテーションさせたりとかなり工夫が必要でした。恐らく潮が動かないからだと思われます…。

この日使用したロッドはダイワから新しく出た『トーナメントAGSリアフォース1.5-530』。

かなり曲がる胴調子の竿ですが、曲がれば曲がるほど、起こすパワーも凄いです。

沖で54cmのキツを掛けました。

ハリス1.75号にグレ鈎3号の口太仕掛けでしたが、竿を思いっきり溜め込むとグイグイ巨大な相手を浮かせて来て取り込むことができました。非常に安心感がある竿でかなり気に入ってます。

トーナメントISO AGS リアフォース 説明

『トーナメントAGSリアフォース』で大型のキツをキャッチ

この日の釣果は30~38のグレをなんと32枚とクーラーいっぱい!さらに嬉しいゲストでモンズマまで釣れました!

これから水温が下がって安定してくると、もっともっと面白い釣りが出来ると思うので、足を運んでみてはいかがでしょうか!




《マップ》

※マップの釣り場の大まかな場所です。釣れたポイントとは異なります。自己責任の元、十分に注意して釣行してください。

《釣行メモ》

釣行日 2018年12月11日
潮汐 中潮
 満潮  08時42分
 干潮  14時13分
(土佐清水)

《使用タックル》

竿 トーナメントISO AGS リアフォース1.5号-53 ダイワ
リール インパルト 2500H- LBD(RCS ISOスプール・ピンク) ダイワ
道糸 磯センサーSS+ Si 0.8号 ダイワ
リーダー アストロン磯グレイトzオレンジマーキング(10m)自作ノットで結束 ダイワ
ウキ TGウェーブマスターM/0 DUEL
ガン玉 G6 1個
ハリス タフロン z-カスタムEX1.75号(直結) ダイワ
ハリ DMAX グレSS MULTI 3号 ダイワ
小物 TバックオバネS クリアオレンジ 釣武者

ウキ止め、ウキストッパー有り

《利用渡船》

岡野渡船

シェアする

フォローする