落し込みでチヌが連続ヒット/横浜(高知市)

シェアする

スポンサーリンク

2018年6月23日、今年初のチヌの落とし込み釣りに出かけました。

場所は高知市中心部から15分ほどの浦戸湾にある「横浜」という漁港です。私自身、初の釣り場ですが、天候は小雨で海にはほどよい濁り。いかにも釣れそうな雰囲気が漂っています。

エサはミジ貝と『パワークラブ』(マルキユー)を準備。17時ごろ、期待と不安のなか、漁港の根本部分からスタートしました。

落とし込み エサ

使用したエサ

1投目はアタリなし。すでに満潮から引きに入っていますが、水深は3m強あるようです。

2投目、2mほど落としたところで目印が止まります。「障害物に掛かったかな?」と軽く竿先で聞いてみると、ググッとした魚の手応え。そのまま追いアワセをおこない、やり取り開始。

重量感はありませんが、気持ちよく沖に走った魚は30cm級のキビレでした。サイズは物足りませんが、安心の1枚目が釣れてくれました。

その10分後、今後は水深1mほどの上層で目印に違和感あり。ヒットと同時に波止際で暴れ、強烈な横走りが始まりました。まさに落とし込みの醍醐味、静から動に変わるひと時を味わい取り込みました。

50cmには足りませんでしたが、体高のあるコンディション抜群のチヌに感謝です。

その後もコンスタントにアタリは続き、2時間ほどですがチヌ6枚、キビレ、さらにヘダイ混じりで楽しむことができました。当日は全体的にアタるタナが浅く、じっくりと探るよりもテンポよく浅いタナを攻める釣り方がよかったように感じます。

落し込み チヌ 横浜 浦戸湾

釣行時は浅いタナで好反応。テンポよく釣り歩いて数を伸ばした

一帯はキビレの魚影も濃い

体高のあるコンディションのいいチヌに出会えた

23日の釣果

翌日 各所で良型チヌがヒット

そして、翌日は浦戸湾内の3ヵ所を探り歩き、いずれも落とし込みとしては初の釣り場でしたが、チヌの魚影は抜群。各所で30~49cmまでを5枚前後の釣果に恵まれました。

高知県では落とし込み人口が少なく、爆釣や巨チヌの可能性を秘めた釣り場もたくさんあると実感しました。手軽さと奥深さが共存するチヌの落とし込み釣り。気候はますます暑くなりますが、さらに釣果も上向く予想。皆様も早朝や夕涼みがてら釣行してみてはいかがでしょうか。

翌24日の釣果(一部)

《マップ》

※マップの釣り場の大まかな場所です。釣れたポイントとは異なります。自己責任の元、十分に注意して釣行してください。

《釣行メモ》

釣行日 2018年6月23日
潮汐 長潮
 満潮  08時49分
 干潮  15時11分
(高知・浦戸)

《使用タックル》

竿 鱗夕彩 落し込みスペシャルZ MF36-42 シマノ
リール 鱗夕彩 エスプラティ67スペシャル シマノ
道糸 ナイロン2号
目印糸 ネオフリクション磯(セミフロート) 1.7号 釣研
オモリ 糸オモリ、ハリオモリ(G3程度)
ハリス ウルトラフレキシブル磯 1.5号
ハリ サスガチヌ 2~3号 オーナーばり

愛用の小物たち

《エサ》

サシエ ミジ貝
パワーグラブ マルキユー
The following two tabs change content below.
野口 真平
野口 真平
(のぐちしんぺい)チヌ&グレのフカセ釣りをメインに楽しみ、チヌの落とし込みにも精通。釣研・オーナーばりフィールドテスター、マルキユーフィールドスタッフ。徳島県釣連盟第94代名人位。「R-freak」所属
野口 真平
最新記事 by 野口 真平 (全て見る)
スポンサーリンク

シェアする

フォローする