重見典宏さんのコウイカ/三本松港(香川県東かがわ市)

シェアする

スポンサーリンク
スラックジャーク

エギの移動距離を抑えられるスラックジャークは、ボトムに潜むコウイカ狙いにも効果抜群

重見典宏さんがコウイカ狙い!

釣りにまつわる疑問を編集部が体を張って(?)検証する企画『飛び出せ ジッケンショー!』にて、コウイカのスミについて調べることに(検証内容&結果は後日レジャーフィッシングで紹介します)。

そこでコウイカの調達に協力してもらったのが、エギング界のカリスマ的存在・重見典宏さん!! 事情を説明すると、「コウイカがいるんか? よし、釣ったろ」と快諾してくれました!

重見さんが訪れたのは香川県東かがわ市の馬篠漁港。ここは春アオリの実績ポイントで、毎年多くの大型が釣り上げられています。当日も波止にはアオリ狙いの釣り人がずらっと並んでいました。

午前5時、重見さんは長波止に釣り座を構えて釣りを開始。エギは3.5号の『エギ番長』。フルキャスト後、ボトムを取ってスラックジャークやショートジャークでボトムを丹念に狙っていきます。

こまめに移動しながら釣り続けること1時間、コウイカからの反応はなし。

「コウイカって本気で狙うと釣れへんもんやなぁ。移動しよ」と重見さん。

次にやってきたのは三本松港。釣り場に着くと、岸壁ではサビキ釣りでマイワシがポツポツ釣れています。

邪魔にならない場所に釣り座を構えて期待の1投目。ボトムを丁寧に探っていると、数シャクリ後に「きたで」と重見さん。イカスミを吐かさないように慎重に寄せてランディングしたのは本命のコウイカ!

「コウイカをこんなに本気で狙ったのは初めてやな。いい経験ができました!」

こちらがお願いしたのにこんな風に言ってくれる優しい重見さんなのでした。

移動中の重見さん

こまめに移動してコウイカを狙う重見さん

エギをチェンジ

水深が浅いエリアではエギをスローシンキングモデルにチェンジ

やり取りする重見さん

ついにコウイカがヒット! スミを吐き出させないように慎重に寄せてくる重見さん

重見さんコウイカ海面

ジェット噴射で抵抗するコウイカ

コウイカを持つ

重見さんに釣ってもらったこのコウイカである実験を行った編集部りょーた。内容は乞うご期待!

《マップ》

※マップの釣り場の大まかな場所です。釣れたポイントとは異なります。自己責任の元、十分に注意して釣行してください。

《釣行メモ》

釣行日 2017年5月20日
潮汐 長潮
 満潮  06時03分
 干潮  12時46分
(高松)

The following two tabs change content below.
釣りぽ編集部
釣りぽ編集部
釣りぽ編集部スタッフです。編集部ならではの企画記事や大会リポート、釣行リポートなどをお届けします。大会リポートについては大会関係者から送られたものを「釣りぽ編集部」として掲載していることもあります(※本文最後に報告者を記載)。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする