ボートからマダコ釣り/大芝島周辺(東広島市)

シェアする

スポンサーリンク
マダコ タコやん ボート 釣り

マダコを釣り上げた筆者

いつもお世話になっている釣友の北さんからボートでの「タコ釣り」のお誘い。

ここ数年人気と聞いてはいるのですが、私はこの釣りの経験がまったくありません。どんな感じの釣りなのかすごく興味があったので、同行させてもらうことに。

というわけでさっそく釣具屋さんへ出向いて仕掛けをチェック。タコ釣りコーナーには各種のルアー、仕掛けがどっさり並んでいました。こんなにあるとは……。

いろいろある中で目に入ったのは『タコやん』なるタコルアー。パッケージに釣り方もしっかり描いてあるし、これなら、手持ちのエギングタックルでもいけそうです。

釣具にはやたら詳しい友人に連絡すると「それは釣れるヤツですよ」とのこと。北さんにも確認してみると「それ、釣れます!」と返信。そして「根掛かりとの戦いになるので、予備も用意しておいてください!」とのアドバイス。

北さんの話では、エギやルアーを着底させた後、コンコンと底を叩いたり、ズル引いたりするらしく、地形によっては気を抜いてるとすぐに根掛かりしてロストするそうです。このあたりはレジャーフィッシングでも見聞きはしていた情報でもあったので、私は『タコやん』を3個購入しました。

釣行日。午後6時に安芸津を出船して大芝島周辺へ。 北さんが実績を重ねた場所でボートを流します。私は『タコやん』を少しキャスト。着底させた後にトントン、トントンと底を小突いきながら引いてみますが、なかなかアタリが出ません。でも釣り方は間違ってないそうで「いずれ釣れますよ」と北さん。

そうして日が沈み辺りが少し暗くなってきたとき、これまでと違う感触が竿先に出ました。なにかが『タコやん』に乗りかかるような、根掛かったような不思議な感触。

これはアタリなのか? と思いながらも竿を思い切り立てると「ジーーー!」と強烈なドラグが音。これって根掛かり? それとも?

ドラグを締め込んでみるとじわりと浮きます。根掛かりではない! そしてリールを巻くとヌモッとした重々しいなかに生命感!

北「それ、キテますね!」

横「これ、タコっすかね!?」

かなりの重量を感じながらリールを巻くと水面下にタコが見えてきました。最後は北さんがギャフで取り込んでくれてめでたく初ボートタコを手にできました。その後は日が完全に暮れてから2ハイめをゲットして少し早めの納竿となりました。

体験してみた感想ですが、まだまだ分からないことだらけではありますが、アタリに思い切りアワセを入れる瞬間がたまらなくおもしろいと感じました。

マダコを釣り上げた筆者

その日は、持ち帰ったタコをゆでずに生の刺身でいただきました。ふだんはゆでてあるタコしか食べないのと、自分で釣ったこともあって大変美味でした。

マダコ 刺し身 生

釣ったタコは生の刺し身で

メバル、アジ、イカ、タチウオと、夏から秋にかけてはサヨリという年間の釣り計画に今後はタコもくわわることになりそうです。美味しい食べ方を北さんに教わって、カミさんに振る舞いながら、タコ専用の竿をおねだりしてみるか……。

あとで聞いた話しですが『タコやん』は波止を歩いて移動しながらでも、タコが釣れるとのこと。根掛かりは避けられないので、専用の硬めの竿と太めのラインやリールを使うことがおススメだそうです。専用の仕掛けを使うと少々の根掛かりなら針が伸びてでもエギやルアーの回収が可能になるようです。

興味がある方は挑戦してみてはいかがでしょうか?

《釣行メモ》

釣行日 2018年8月3日
潮汐 小潮
 満潮  14時28分
 干潮  20時31分
(三原)

《使用タックル》

竿 XROSSFIELD XRFS-802ML アブガルシア
リール エメラルダス 2508PE ダイワ
ライン ハードコアX4 1.5号 DUEL
リーダー ハードコアパワーリーダーFC 5号 DUEL
ルアー タコやん 3〜3.5号 ヨーヅリ

The following two tabs change content below.
横手 義文
横手 義文
(よこて よしふみ)旬に合わせてエサ、ルアーで釣りを楽しむベテランアングラー。ガルツフィッシングレポーター
スポンサーリンク

シェアする

フォローする