波止フカセ釣りでキビレ(チヌ)ヒット/伊予港内港(愛媛県伊予市)

シェアする

スポンサーリンク

休日に時間ができたので午後だけ釣りに行くことに。チヌのフカセ釣りに行こうとエサを買って、初めて釣行する伊予市の波止に行ってみたのですが、、、予想外に風と波が強い。正面からの強風にあおられた波飛沫が波止の上まで上がってくるほど。

瀬戸内海と思えない状況でした。

これでは釣りにならないので、この場所での釣りを断念。これだけ風と波があってもなんとか釣りになる場所と考えた結果、防波堤に囲まれた伊予港内港に行くことにしました。

到着すると波はないものの風はけっこう吹いてますが、なんとか釣りができそうです。

急いでマキエと仕掛けを作って釣り開始。それほど深くないポイントなので全遊動仕掛けで上から下まで探っていきます。

釣り始めた頃から横風がどんどん強くなってきて、浮かせていたウキが上潮と一緒に流されてしまうので、ウキを0から0シブに変えて少し沈めてやります(海面から10〜30cm)。

交換してすぐに道糸が走るアタリでファーストヒット。上がってきたのは30cmのキビレでした。

続いては、手前に寄ってくる当たり潮に乗ってウキが護岸から3mほどまで寄ってきた所で、海中のウキがスピードを速めて沈んでいってのヒット。こちらは小さい20cmほどのキビレ。

伊予港内港はチヌとキビレが混じってヒットする場所ですが、今日はキビレの方が元気がいいようです。

その後はさらに強まった風に苦戦。ウキを沈めていても道糸が風に吹かれて引っ張られて、マキエと仕掛けが合わないのです。

ただマキエを撒くとボラの群れが集まってくるようになって、なんとなく下でチヌもエサを拾っている気がしていました。

そこでハリスのチモトにガン玉を追加。サシエの沈みを早くしてみると、海中のウキがスーッと沈んでいってヒット。アワセると一気に横に走っていくので、「ボラ?」と思ったほどでしたが、上がってきたのは40cmのキビレでした。

キビレの引きは強いですね。

その後、もう1度アタリがあったものの、居食いだったのでアワセが足りなかったのかバラシ。これがいけなかったのかこの後はアタリが遠のいたので納竿としました。

この強風の中、キビレが3匹釣れて、40cmの良型も釣れたので満足な釣行でした。



《マップ》

※マップの釣り場の大まかな場所です。釣れたポイントとは異なります。自己責任の元、十分に注意して釣行してください。

《釣行メモ》

釣行日 2017年11月4日
潮汐 大潮
 満潮  09時01分
 干潮  15時01分
(松山)

《使用タックル》

竿 ホリデーイソ 1.5号530 シマノ
リール エアノス 2500 シマノ
道糸 ナイロン 1.5号
ハリス フロロカーボン 1号
ウキ 大知ウキGP 0シブ 工房大知
ハリ チヌ針 1号

《エサ》

サシエ くわせオキアミスーパーハードチヌ マルキユー
マキエ チヌパワームギスペシャル、オキアミ3kg マルキユー
スポンサーリンク

シェアする

フォローする