スポンサーリンク

南房総・渡辺丸 クロムツ~アカムツリレー釣行 故障したリールで良型のアカムツをゲット/江見漁港沖(千葉県鴨川市)

釣歴30年、得意なジャンルはキスの投げ釣りと船釣り全般です。特に、最近は全国各地でタイラバで遊んでます。メインフィールドは北部九州及び北海道です。海、淡水問わずいろいろな釣りにチャレンジし、特に、海釣りにおいては北海道のタイラバの普及、レバーブレーキを使用したスピニングタイラバの普及等に力を入れてます。

めじろん号をフォローする

11月3日、今回も南房総の「渡辺丸」さんでクロムツ~アカムツのリレー釣行に行きました。

 

3時30分に集合し、出港。20分程走ってからクロムツ釣りを開始しました。

1投目からしばらくアタリがなく、なぜか胴の間が釣れず、ミヨシと艫にヒットが集中しているような状況でした。

しばらくして、一番早く投入し着底した後にスローで巻きあげて来ると、クロムツがダブルでかかってきました。

それからダブルヒット等はありませんでしたが、クロムツやアジをコンスタントに釣り上げて、陽が昇り6時頃に食いが渋くなってきたのもあり、アカムツのポイントに移動しました。

 

アカムツの道具を準備していると、最近導入した『ビーストマスター3000EJ』のカウンター表示が糸を引き出しても変化がなくなり、1号機と同じような故障かと思い、先ほどまでクロムツ用に使っていた『シーボーグ』に変更しました。

※故障した時の細部を書いた記事(別サイト)です。

リールを変えてアカムツを狙い始めて、すぐにアタリがあり、慎重に上げてくると定番外道のサメでした。

他の同船者の方々もサメやサバに悩まされ、しかも潮が動かない状態になり、全くアタリすらないような状況になりました。

他の同船者の方には、たまにメダイがヒットしていました。

 

そのような中で釣っていると、根掛かりをめったにしない釣り場なのに根掛かりし、仕掛けを簡単に切れると思って、引っ張ると高切れしました。以前のアカムツ釣行等で、オマツリして傷んでいたところが切れたようでした。

仕方ないので、カウンター表示が壊れたビーストマスター3000EJを使用し、水深250mを手巻きでやることにしました。

しかし、やってみると意外なことに電動巻き上げよりも明らかにヒット率が上がり、ムツがコンスタントに釣れてきます。

底付近でのヒットが明らかに多かったので、底トントンをしてゆっくり巻き上げて来ると小さなアタリがありました。

続いて大きなアタリになり、上げてみると上の鈎にクロムツ、下の鈎に37センチの良型のアカムツが付いていました。

アカムツとクロムツ

 

最後の流しでは、一際大きなアタリがあり、明らかにサメのアタリで、上げてみると下の鈎が切れて、上の鈎についてサバが頭だけになってました。

アカムツが食われなくて良かったです。

 

最近購入した『ビーストマスター3000EJ』は、2台購入し、2台とも2回目の使用でカウンター表示が変化せず、電動巻き上げができない故障が発生しました。

現在、シマノのホームページに「ソフトウェアアップデートの案内」が掲載されています。私の物以外にも同様の故障が発生しているそうです。

やはり、予備のリールを携行することは非常に大切だと今回実感したので、次は何かあっても大丈夫なように予備のリールを複数台携行しようと思いました。

《釣行メモ》

釣行日2021年11月3日
潮汐大潮
 満潮 03時08分
 干潮 09時08分
(勝浦)

《使用タックル》

竿アカムツ用:バーローズH/剛樹、クロムツ用:スタンディングバサラ21SS/剛樹
リール16シーボーグ300MJ-L/ダイワ、21ビーストマスター3000EJ/シマノ
道糸PE 3号
リーダーナイロン14号 6m
ハリアカムツ鈎 18号/オーナーばり

《エサ》

サシエサバの短冊、ホタルイカのゲソと肝
タイトルとURLをコピーしました