キス(シロギス)の仕掛け&釣り方

釣りぽ編集部制作の記事です。※一部執筆記事もあり(本文最後に報告者を記載)。

釣りぽ編集部をフォローする

キス【キス科】

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

一般的にキスと言われているのはシロギスのこと。砂地や砂泥を好み、沿岸から沖合、河口までと行動範囲が広い。30cmを超える良型は「ヒジタタキ」と呼ばれる。

釣り方 投げ釣り(ちょい投げ)、船釣り
釣り場 波止、浜、河口、船

キス 投げ釣り(ちょい投げ)

釣り場/波止、浜、河口

キスのちょい投げ仕掛け

釣り方

キスのシーズンはエリアによって多少前後するものの、早い所では春先から釣れ始め、初夏から夏に盛期を迎える。キスはおもに砂地を好むので、沖が砂地の場所がポイントになる。ヒットする場所はその日の状況によって変わるので、浅場から深場、足元から沖までと幅広く探ってみよう。

遠投を必要としないちょい投げは、投げ竿以外に、ルアーロッドやコンパクトロッドなどで楽しめる。春先や秋は2~3本バリで誘いながら置き竿で狙い、夏は引き釣りがよい。冬はキスがあまり動き回らないので置き竿でじっくり狙ってみよう。秋は夜釣りがおすすめで25cmオーバーが有望。

キスはエサを吸い込むように食べるので、アタリは明確に出る。また、群れで行動しているので、1匹釣れたら同じポイントを集中して狙うとよい。

キス 投げ釣り(引き釣り)

釣り場/波止、浜、河口

キスの投げ釣り 引き釣り仕掛け

釣り方

キスの活性が高い夏場におすすめなのが引き釣り。多バリ仕掛けを使って1投で連掛けを狙う釣り方だ。多バリ仕掛けの扱いはビギナーには難しいが、次々とキスがアタってくる感触がおもしろい。

釣り方は、フルキャストしてからゆっくり手前へと引いてくる。アタリがあったらその距離を覚えておいて、次の手返しではそのポイントより少し沖に投入すると手返しよく釣ることができる。キスの反応がなくなったら、投入する方向を変えながら釣ってみよう。

キスを連掛けするには、アタリと掛かったキスが暴れている感触の違いを見極めることが大切。アタリは小刻みに引っ張られる感触、暴れるのは大きく引っ張られる感触であることが多い。

リールを巻くスピードに決まりはないが、釣りながらその日のキスの状況に合わせて調節しよう。

キス 船釣り

釣り場/船

キスの船釣り仕掛け

釣り方

船釣りでは沖の深場を狙うことが多いので良型が期待できる。しかも大きな群れに当たれば数釣りが楽しめる。船からのキス釣りはビギナーにもおすすめだ。

釣り方は、仕掛けを直下に沈めて底を取り、小さく竿先を上下させてゆっくりと誘う。大きく誘いを入れるとキスがエサを食べにくくなり、仕掛けが絡むこともあるので注意しよう。アタリは明確に出るので、軽くアワセを入れてから取り込もう。アタリが少なくなったら、少し沖に投入するのも手だ。着底したら誘いを入れながら手前へゆっくりと引いてアタリを待とう。

キスの活性が低いときに仕掛けを回収せずに長い間待っていると、メゴチやイトヒキハゼなどがヒットすることがある。ハリを飲み込むことも多く効率が悪いので、適度に仕掛けを回収して新鮮なエサに交換するとよい。

タイトルとURLをコピーしました