アオリイカのエギングの仕掛け&釣り方

【釣りぽ編集部】の制作記事。基本的な釣り方や釣り場情報、イベント・キャンペーン情報を中心に紹介。

釣りぽ編集部をフォローする

アオリイカ【ヤリイカ科】

アオリイカ 釣り方
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

日本沿岸に分布するイカでは大型の部類で、1年で2~3kgまで成長する。大型は警戒心が強く、釣るのが難しい。秋は夏に孵化した小型がメインで、個体数が多くて釣りやすい。

釣り方 エギング、泳がせ釣り(ウキ釣り、ヤエン釣り)
釣り場 磯、波止、船

アオリイカ エギング

釣り場/波止・浜・磯

アオリイカ エギング仕掛け

釣り方

エギングはリーダーの先にエギをセットするだけのシンプルなタックルで、手軽に楽しめるので人気が高い。とくに個体数の多い秋は数釣りが可能なので、シーズンになると人気の釣り場は多くの釣り人で賑わう。しかし人が多いポイントではアオリイカがスレて釣りづらいことがある。そんなときは夜間や早朝に狙うと釣果を上げやすい。

近年はエギの種類やカラーが増えていろいろな状況に対応できるようになった。一方で、エギングを始めようという人にはエギの種類が多すぎて迷ってしまうこともある。まずは定番のピンク、オレンジ系のエギを揃えておくとよい。釣り場によってヒットするエギのタイプやカラーは変わるので、釣具店のスタッフなど詳しい人に聞いてみるのも手だ。

エギングは大型が狙える春から初夏にかけてと小型の数釣りができる秋とでは、釣り方が変わることがある。大型狙いは3.5~4.5号のエギで底中心にステイやズル引きなど、移動距離を抑えたアクションが効果的。秋には2.5~3号のエギで大きくシャクったり、ダートさせたりと動きのあるアクションが中心となる。

アオリイカ ティップランエギング

釣り場/船

アオリイカ ティップランエギング 仕掛け

釣り方

ティップランエギングとは、船からアオリカを狙う釣り方のひとつ。通常のエギングより重量のあるエギ(ティップラン専用モデルやエギにシンカーをセットしたもの)を使用するのが特徴。ショア(岸)からは狙えない沖の深場を探れるため、型・数ともに期待できる。

ティップラン(穂先が走る)という名前の通り、アオリイカがエギを抱くと、ティップが引き込まれたり、エギの重みで曲がっていたティップがフワッと戻るなど、アタリを視覚で把握することができる。その繊細なアタリを掛けアワせるのもこの釣りの大きな特徴であり、醍醐味と言える。

基本的な釣り方は、エギを底まで沈めた後、シャクってアピールし、ステイさせてアタリを待つ。ヒットしたら、ラインを緩めないように、一定のスピードでリールを巻いて取り込もう。