アオリイカの泳がせ釣りの仕掛け&釣り方

釣りぽ編集部制作の記事です。※一部執筆記事もあり(本文最後に報告者を記載)。

釣りぽ編集部をフォローする

アオリイカ【ヤリイカ科】

アオリイカ 釣り方
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

日本沿岸に分布するイカでは大型の部類で、1年で2~3kgまで成長する。大型は警戒心が強く、釣るのが難しい。秋は夏に孵化した小型がメインで、個体数が多くて釣りやすい。

釣り方 エギング、泳がせ釣り(ウキ釣り、ヤエン釣り)
釣り場 磯、波止、船、筏

アオリイカ ウキ釣り(泳がせ釣り)

釣り場/波止、磯

アオリイカ 泳がせ釣り ウキ釣り

釣り方

活きたアジをハリに付けて狙うウキ釣り(泳がせ釣り)は、エギングやヤエンのような難しいテクニックを必要としないため、初心者でもアオリイカが釣れる可能性は高い。

ウキ釣りでアオリイカを狙う場合、警戒心が薄れる夜間の竿出しが中心となる。そのため、ウキは電気ウキか化学発光体をセットできるものを使用する。ハリはチヌバリの3~5号、その下に2段式の掛けバリを取り付ける。初心者は仕掛けやウキがセットになった市販のものを使用するとよい。

釣り方はアジを付けた仕掛けを優しく投入し、潮流に乗せてアタリを待つ。アタリはウキが沈んだり、寝たりとさまざま。基本的にアタリがあっても早アワセは避けて、じっくり待ってからアワセを入れる。ハリに掛かったらラインのテンションを緩めずに寄せてくる。

アオリイカ ヤエン釣り(泳がせ釣り)

釣り場/波止、磯、筏

アオリイカ ヤエン釣り

釣り方

ヤエンはエギングやウキ釣りに比べて、ある程度のテクニックが必要な釣り。難しそうなイメージがあるかもしれないが、投入したエサ(アジなど)をアオリイカが抱いたあとでヤエンを投入して確実にハリ掛かりさせるといった独特の釣り方は、アタリも多くてスリルがあり、地域によっては昔から人気がある。

ヤエン釣りで難しいのは、ヤエンを投入して確実にアオリイカをハリ掛かりさせること。ただ、ここがヤエン釣りの醍醐味でもある。アオリイカがアジを抱くと安全な場所へと移動し始める。このときにアワセを入れたり強引に手前へ寄せようとすると、せっかくヒットしたアオリイカをバラしてしまう可能性が高いので、慎重に行いたい。

アオリイカがアジを抱いたら道糸が出ていく。止まるまで待ってからゆっくりとリールを巻き、ある程度アオリイカが寄ってきたらヤエンを投入してハリ掛かりさせる。このとき、アオリイカに対する道糸の角度によってヤエンの到達スピードが変わる。角度があると勢いよくヤエンが落ちてアオリイカに気付かれることがあるので注意しよう。

タイトルとURLをコピーしました