第7回 マルキユーM-1CUP 全国チヌ釣り選手権大会 決勝戦

釣りぽ編集部制作の記事です。※一部執筆記事もあり(本文最後に報告者を記載)。

釣りぽ編集部をフォローする

○主 催/マルキユー
○開催日/2022年10月1日〜2日


全国各地より28名の選手が鶴見に集結した

2022年10月1日(土)~2日(日)にかけて、大分県佐伯市鶴見を会場に表題大会が開催された。各地の予選を通じて1,000名を超える選手が参加した本大会、頂点に立ったのは佐賀県の宮原浩選手だった。

本大会に駒を進めたのは予選からの勝ち上がり選手、MFG地区予選の勝ち上がり選手、そして前回大会の上位3選手を含めた28名。

大会スケジュールは、初日が1回戦と2回戦。2日目に準決勝、決勝戦というもの。

初日/1回戦&2回戦

1回戦は3名(2名もあり)1組での試合。1時間で釣り座を交代してチヌを釣っていく。規定サイズは25㎝以上で、9匹までの総重量で勝敗を決する。

釣り場の状況は、まだまだ水温が高く、どこの磯もエサ盗りの猛攻がすさまじかったと各選手。1回戦、2回戦ともに1匹で勝敗が決される試合も多かったが、厳しい戦いを勝ち抜いて6名の選手が翌日の準決勝に駒を進めた。

感染対策も万全に行われた本大会。抽選会はこまめな消毒のもと進行

2日目/準決勝&決勝

準決勝でも厳しい状況は変わらないままだったが、6選手全員、優勝を目指して竿を振り続けた。結果、決勝に進んだのは、宮原浩選手、副洋祐選手、藤井治選手の3名だった。

準決勝の宮原選手。朝のうちに練りエサでチヌを手にした

決勝は「八島ナンキン」という磯で行われた。

決勝を戦った3選手
マルキユー岡田社長のホイッスルで決勝戦開始!

ここでもエサ盗りの猛攻は凄まじく、3選手ともどの釣り座でもあっという間にツケエサが盗られてしまう状況だった。

そんな厳しい状況のなか、1ラウンド終了間際、一番右の釣り座に入っていた宮原選手がチヌをヒットさせて大きくリード。

2ラウンド、3ラウンドもそのリードを保ったまま優勝を勝ち取った。

2位は副 洋祐選手、3位は藤井 治となった。

優勝した宮原選手

「本命は一番左の釣り座と考えて、一番にもっとも水深が浅い右の釣り座に入ったんです。ここは正直切り捨てるつもりでいたんです。案の定、沖までエサ盗りだらけだったのですが、少し手前を攻めると『食い渋りイエロー』が持つタイミングがあって、底に這わせて長めに待っていると小さなアタリでしたが、チヌが食ってくれました。これが優勝を呼んでくれました」

宮原選手は、2ラウンド目が左の釣り座、3ラウンド目が真ん中の釣り座という順番だったのだが、本命と見込んだ2ラウンド目に釣果を得ることができず、かなり焦ったという。

「3ラウンド目に左に入ったのが、大分のチヌ釣り名手・副選手だったんです。絶対にチヌを釣るだろうと思っていましたし、1匹ですから、自分が釣った右の釣り座に入った藤井選手にもヒットがあるかもしれないと、3ラウンド目はすごく長く感じました」

宮原選手と優勝を決めた1匹
《宮原選手のタックル》

宮原選手は以前にM-1グレでも優勝しており、今回のM-1チヌの優勝で、M-1史上初のチヌ、グレの2冠達成となった。

次回決勝大会ではこちらも史上初となる「連覇」が期待される。(報告/編集部)

大会ギャラリー

決勝の配合エサは3選手共通
ツケエサも共通で4種。このほか各選手持参したマルキユー製品を使った
決勝戦1ラウンド終了間際にチヌをヒットさせた宮原選手
遠投でエサ盗りをかわしにかかる副選手
関西エリアがホームの藤井選手は3位と大健闘
「すばらしい釣技を披露していただきました。次回大会も期待しております」と岡田社長
タイトルとURLをコピーしました