スポンサーリンク

売れ筋アイテムTOP3 《メバリング用フロート》

シェアする

ロゴ メバル フロート 釣りぽ

シーズンに応じたアイテムをピックアップし、ショップで売れ筋商品TOP3をリサーチ! 今回紹介するのは《メバリング用フロート》 ※この記事はレジャーフィッシング2018年1月号に掲載したものです。

○兵庫県/MFポイント 姫路店

No.1 シャローフリーク ダイブ(D-11.7g)/アルカジックジャパン

メバル フロート 釣りぽ シャローフリークダイブ

使用頻度が高い絶妙な沈下速度に設定されたシンキングフロート。飛距離、自重、体積のバランスにこだわり、トラブルなく快適に使うことができる。シャローエリアを広範囲、かつすべてのタナを掌握することができる。

●タイプ:シンキング
●カラー:ホワイトグロー
●本体価格:450円

No.2 シャローフリーク(F-7.5g、F-10.5g)/アルカジックジャパン

No.3 ソアレ アウトシュート(3.6g、3.8g)/シマノ

岡山県/釣具のタイム 水島店

No.1シャローフリーク(F-7.5g)/アルカジックジャパン

「シャローを広範囲に探りたい」「飛距離が欲しい」「超軽量ジグヘッドを自然に演出したい」「バイトだけでなくリグの動きも確実に感じたい」……というアングラーの要求を高次元で実現してくれる唯一無二のフロート。

●タイプ:フローティング
●カラー:ホワイトグロー
●本体価格:380円

No.2 シャローフリーク ダイブ(D-11.7g)/アルカジックジャパン

No.3 クイックシステム(サスペンド)/ガルツ

香川県/ジャンプワールド 今里店

No.1 シャローフリーク(F-7.5g)/アルカジックジャパン

F-システム専用設計のフロートで、飛距離や感度、ストレスのない操作性を実現。空気抵抗と飛行姿勢、着水後の安定性を計算したオーバル形状を採用。蓄光量を調整したグローカラーは夜間でも抜群の視認性を誇る。

●タイプ:フローティング
●カラー:ホワイトグロー
●本体価格:380円

No.2 メバルロケット(フローティング)/ハヤブサ

No.3 ぶっ飛びロッカーⅡ(M-HF)/アルカジックジャパン

広島県/かめや釣具八木店

No.1 ぶっ飛びロッカー(LL-F0)/アルカジックジャパン

細分化されたタイプと残浮力により、あらゆるフィールドやシチュエーション、アプローチに対応するフロート。パイプ出入口にSICリングを搭載し、リーダーの傷みを防止しつつ、ライン抵抗を軽減してアタリをダイレクトに伝えてくれる。

●タイプ:ハイフロート、フローティング、エフゼロ、スローシンキング
●カラー:アクアブルー
●本体価格:600円

No.2 シャローフリーク(F-15g)/アルカジックジャパン

No.3 メバルロケット(フローティング)/ハヤブサ

山口県/かめや釣具下松店

No.1 ぶっ飛びロッカーⅡ(LL-F)

フローティングモデルは約1.0gの重量負荷までフローティングフロートとして機能を発揮する、もっともスタンダードなモデル。また、LLサイズは10g超の自重を活かした大遠投で、広範囲をチェックすることが可能。

●タイプ:ハイフロート、フローティング、エフゼロ、スローシンキング
●カラー:アクアブルー
●本体価格:600円

No.2 メバルロケット(フローティング)/ハヤブサ

No.3 メバトロボール(F-5.2g)/マリア

愛媛県/ジャンプワールド 大洲店

No.1 シャローフリーク(F-10.5g)/アルカジックジャパン

飛距離や感度、ストレスのない操作性を実現したF-システム専用設計のフロート。空気抵抗や飛行姿勢、着水後の安定性を計算したオーバル形状を採用し、蓄光量を調整したグローカラーは夜間でも抜群の視認性を誇る。

●タイプ:フローティング
●カラー:ホワイトグロー
●本体価格:380円

No.2 シャローフリーク(F-7.5g)/アルカジックジャパン

No.3 ぶっ飛びロッカーⅡ(LL-F)/アルカジックジャパン

福岡県/かめや釣具 福岡原店

No.1 メバトロボール(F-5.2g)/マリア

メバル フロート 釣りぽ メバトロ

独自のエアロフォルムボディによってコンパクトながら抜群の飛距離をたたき出すフロート。『ゼロヘッドドリフト』と組み合わせて使うことで、ジグ単では演出できないスローなアクションでメバルを誘うことができる。

●タイプ:フローティング、スローシンキング、シンキング、ファーストシンキング
●カラー:夜光、オレンジ、ホワイト夜光

No.2 ぶっ飛びロッカーⅡ(L-HF)/アルカジックジャパン

No.3 シャローフリーク(F-7.5g)/アルカジックジャパン

The following two tabs change content below.
釣りぽ編集部
釣りぽ編集部
釣りぽ編集部スタッフです。編集部ならではの企画記事や大会リポート、釣行リポートなどをお届けします。大会リポートについては大会関係者から送られたものを「釣りぽ編集部」として掲載していることもあります(※本文最後に報告者を記載)。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする