SLJ&タイラバでイサキ・ヒラマサ・アコウ/萩沖(山口県萩市)

シェアする

About Author

まいど!イレパクです。

今回は、山口県萩沖にてSLJ(スローライトジギング)&タイラバで釣行してきました。

出航は、空が明るくなってきたくらいの5時頃! 船に乗り込みいざ出航!

ポイントへ到着すると船長が「水深25mの漁礁周りなんやけど、中層に良い反応出てるからもしかするとイサキかも」とのこと。

まずはSLJタックルを手にして、ジグは28gからスタートすることに!

軽くアンダーキャストして底はとらず中層をメインにフォール意識して誘うと……

ドンッ!と

今回本命のイサキ! しかも40upの良型。


ブリーデン:メタルマル28g/プラチナブル

その後も同様にアプローチしてイサキ連発。

が、、しかし、ここでピタッと反応が無くなった…。そして周りを見渡すと何やら背鰭が…( ̄▽ ̄;)

そう! 2m近いハンマーヘッドシャークがウロウロしてる模様…。

どうりで、反応が無くなったと思った(^-^;

ここでポイントを動くことに!

その移動中に今度はナブラ発生!! そしてナブラ撃ちに!

正体は、50㎝クラスの豆ヒラでした。船長いわくスマカツオも見えたとか、、、。


マルシン漁具:ペンタトニック40g /プルピン

そのあともナブラ撃ちにて同サイズを数本キャッチ! いやぁ~楽しすぎるぅ!!笑

そしてポイント移動してきて、水深15m~30mにカケ下がっていく流し。

船長より「ここはアコウの魚影が濃いですが根が荒いので気をつけて」と言うアナウンス!

今度は、タイラバタックルを手にしてカウンター表示を見ながら底をしっかり把握してと考えてた、ひと流し目!

金属的なゴンゴンというアタリ!

根に潜られないよう2mくらいまではゴリ巻きで強引にあげて…上がってきたのは、

そう! 40upのアコウ!


アブガルシア:カチカチ玉40g赤系ネクタイ

その後も、アコウ,豆ヒラ,イサキ等々釣れてくれ楽しんでたのですが、雷も鳴り出し大粒の雨も落ちだしたので、ここで後ろ髪引かれる気持ちを抑えつつ安全第一で納竿となりました!

今回も船長の的確なアドバイス、ポイントへの操船で楽しく釣りをさせて頂きました。

旬の美味しい魚ばかり釣れたので食べるのが楽しみなイレパクでした。(^-^)



《釣行メモ》

釣行日 2019年7月13日
潮汐 若潮
 満潮  08時01分
 干潮  15時50分
(萩)

《使用タックル》

タイラバタックル

竿 オーシャンフィールドタイラバ67ULT-60 アブガルシア
リール キャタリナIC100shL ダイワ
ライン ジグマンX8 0.6号 YGKよつあみ
リーダー 船ハリス5号 シーガー
タイラバ
各40〜60g
リスキータイリス カンジインターナショナル
無双真鯛VS ハヤブサ
カチカチ玉 アブガルシア

SLJタックル

竿 オーシャンフィールドタイラバ66ULT-60 アブガルシア
リール 10セルテート3012H ダイワ
ライン ジグマンX8 0.6号 YGKよつあみ
リーダー 船ハリス5号 シーガー
タイラバ
各28〜60g
メタルマル ブリーデン
ペンタトニック マルシン漁具

シェアする

フォローする