チヌ釣り大会で良型揃え優勝/大村湾(佐世保市南風崎町)

シェアする

スポンサーリンク

2018年6月17日(日)、「SWFC(シマノワンダフルフィッシングクラブ)福岡支部」のチヌ釣り大会に参加してきました。

大会ルールはチヌ25cm以上3尾の総重量で競われます。

初めての大村湾だったので上がった場所はわかりませんがマップで確認すると前方に旧オランダ村の桟橋が見える島の護岸でした。

釣り始めてしばらくは無反応で餌取りも居ない状態。釣り座の後ろに木と草があり、終始当て潮で表層は左に流れヤリずらかったですが、仕掛けを遠投気味に入れ、竿3本先位に撒き餌を打ち込みポイント作っていきます。

開始から2時間でやっとアタリが! 底付近で誘うようにサシエを動かしてみるとゆっくりラインを引っ張って行きました。

水深4~5mと浅場のため、ヒットしたチヌが横に走り手前の藻に絡むものの何とか1枚目ゲットです。

続けてラインを引ったくるアタリでメイタ(小型チヌ)27cmを2枚追加して何とかリミットメイク!

後は入替でしがアタリが止まり日差しと暑さで怠さがMAXに・・・その後悪夢が訪れます。

手応えのあるのを掛けましたが、針の結びからほどけてバラシ! 結んだ時に「怪しいかな?」って一瞬思いましたが暑さで集中力切れていたんでしょう反省です。

次はPEラインが手前の藻に絡んで高切れでウキをLOST。

次はヒットさせたものの藻とチヌが絡んでいて、タモ入れ直前でバラシ。さらにその反動でラインが後ろの木に引っ掛かりました。

どれも引きが強く40cmオーバーはあったと思われます。

10時頃から風が出始める予報だったのでこれをきっかけにラインをPEからナイロンに変更。

多めの撒き餌で丁寧にポイント作ったのが良かったのか、チヌのやる気スイッチが入って11時半に48.5cmを追加。

続けて43cmを追加して入替完了! 40cmオーバーの肥えたチヌ3枚だったので入賞はするだろうと思ってました。

港に帰ってみるとチヌはそこそこ上がってましたがメイタが多かったようです。

私は運良く型も揃えられ3尾4kgオーバーで優勝する事が出来ました。

今回使用したfathomハリス『レベル1.5』は柔らかすぎず固すぎずそしてしなやかでPEラインとの相性も抜群!

48.5cmとのやり取りでは、テスト的にドラグを少し締めレバーブレーキを使わず強気でやり取りしましたが安心して仕留める事が出来ました。

PEラインを使うと魚の急な突っ込みで極端にハリスに負荷が掛かりラインブレイクでバラシの率が高かったのが、このハリスの適度な伸びと復元力で多少強引なやり取りでも魚を浮かせる事が出来ました。

今回の大会では釣果にムラがあったようですがこれからメイタを含め数釣りが楽しめる場所です。

是非皆様も大村湾へ!

《マップ》

※マップの釣り場の大まかな場所です。釣れたポイントとは異なります。自己責任の元、十分に注意して釣行してください。

《釣行メモ》

釣行日 2018年6月17日
潮汐 中潮
 満潮  09時43分
 干潮  16時21分
(佐世保)

《使用タックル》

竿 鱗海マスターチューン 0号530 シマノ
リール BB-Xテクニウム SUTブレーキ3000DXG S LEFT シマノ
道糸 LIMITED PRO PE G5+ 0.8号、鱗海ZEROフロート1.5号 シマノ
ハリス LEVEL1.5 ファゾム
ウキ 大知遠投60 LL 00号 板鉛追加 キザクラ
ハリ 勝負ちぬ ネリエ&コーン2号 金龍鉤

《エサ》

サシエ 食い渋りイエロー マルキユー
マキエ チヌパワームギスペシャル、Bチヌ遠投、チヌパワーV10白チヌ×半袋、爆寄せチヌ×半袋、荒びきさなぎ900g×半袋+オキアミ3kg×2角、押し麦×半袋

《利用渡船》

山口水産
The following two tabs change content below.
中川 典哉
中川 典哉
(なかがわ のりや)。ホームフィールドは熊本県天草地方・大分県全般・他遠征は愛媛・長崎・広島など。足場の良い波止場や磯をメインに年中チヌを追っかけております。チームメンバーに車いす使用者がおりバリアフリー堤防からの釣行が多い。◯所属:Team狙チヌ リーダー、SWFC福岡支部。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする