寒波の中、寒チヌキャッチ/江田島 秋月港(広島県江田島市)

シェアする

About Author

寒風吹き付ける中、単独でマイホームグラウンドの江田島へチヌ釣り行きました。ここは、昨年から通っていて、チヌの魚影も濃く、寒の時期でも安定した釣果が期待できる大好きなポイントです。

午前8時、現地到着。流石に平日なのでひと一人いません。さて、寒チヌの顔拝めることができるのでしょうか?

今日の必釣タックルは、ウキにアウラの『SS ー 1』浮力00をチョイス。ハリスはファゾムの『LEVEL1.5』(1.5号)を約5mとり、ロングハリスの利点を生かして海中の流れの中に仕掛けをしっかり馴染ませ、繊細な寒チヌのアタリを確実に拾う作戦で臨みます。

ハリにがまかつの『チヌR 2号』でチヌの口にしっかりフッキングさせるイメージで使用。ガン玉はFUJIWARAの『ゴムコートガン玉』G3をハリ上約70センチの位置に1個セット。仕掛け全体が海中で馴染みながらゆっくりと潜航し、海底付近に潜んでいるチヌにサシエを届けるイメージで釣りました。

ポイントの水深は竿2本(約10m)沖で約12~14m、潮の高い時には15m程度と内海の波止としてはなかなか水深があります。

潮はほとんどが沖から左手前へとあて潮気味に流れるため、つねにラインを注視していないと強風によるラインのたるみ等により穂先、リールへ巻き付くなどのトラブルが発生しやすく、貴重な時合を逃すことになるので常に注意が必要です。

一番の本命潮は右沖へゆっくり流れる潮(一日に数回、それも時間が短い)で、その時間帯に何とかサシエを食わさないと…。

本日は、釣り開始してから2時間はサシエのオキアミが毎回原型のまま戻ってきてましたが、10時過ぎに初めて明確なライン引きのアタリがありました。しかし、犯人は小メバル君です。

ただやっと生命反応があり、そろそろ本命が来てくれるだろうと思いながら、ライン、竿先を注視していると…、10時15分、ラインにテンションが掛かり、愛竿がまかつ『チヌスペシャルマスターモデル』の穂先に「コンコン!」と怪しいアタリ…。

「キター!」

少し間合いをおいて、竿全体で魚の口にハリを掛けました。竿が綺麗に曲がると同時に、魚の引きを全身で受け止めてくれます。あとは、ハリ外れ、すっぽぬけしないように慎重なやり取りで、魚との距離を少しづつ、少しづつ詰めていきます。

やがて海面付近で反転する銀色の魚体を確認。掛けている魚は本命のチヌに間違いなし。あとは海面でしっかり空気を吸わせれば釣り人の勝利間違いなしだ!

「やった! やった!」

たった1尾のチヌが釣れてこんなに嬉しかったのは本当に久しぶりです。釣り上げて即検寸、身長40センチジャスト。体高、肉厚とも抜群の丸丸肥えた寒チヌです。

今日は寒波の影響からか江田島でも小雪が舞う寒い1日でしたが、この1尾のチヌ君のおかげで気分は最高の1日になりました。

自然に感謝!釣りに感謝!そしてチヌ君に大感謝!です。チヌ君、いつも有難うございます!

江田島のチヌとハリス

うれしいチヌと使用したハリス

江田島のチヌとウキ

チヌとウキ



《マップ》

※マップの釣り場の大まかな場所です。釣れたポイントとは異なります。自己責任の元、十分に注意して釣行してください。

江田島秋月港

《釣行メモ》

釣行日 2018年1月26日
潮汐 長潮
 満潮  04時15分
 干潮  10時12分
(広島)

《使用タックル》

竿 がま磯 チヌスペシャル マスターモデル 53 がまかつ
リール BB-XハイパーフォースC3000DXG シマノ
道糸 磯スペシャル テクニシャンネオ 1.75号 サンライン
ハリス LEVEL1.5(1.5号) ファゾム 
ウキ SS -1 浮力00(イエロー ) アウラ 
ハリ チヌR 2号 がまかつ
ガン玉 ゴムコートガン玉3号 FUJIWARA

《エサ》

サシエ くわせオキアミスペシャルL マルキユー
生イキ君レギュラー2L ヒロキュー
マキエ チヌベスト、チヌベスト白(各1袋) マルキユー
チヌの舞 釣りまん
オキアミ生 3kg

使用したエサチヌベストとチヌベスト白

シェアする

フォローする