MFG中国懇親波止チヌ釣り大会 in 広島湾

シェアする

スポンサーリンク

MFG中国懇親波止チヌ釣り大会 広島湾

●主催/MFG中国

1月21日(日)に、広島湾沖の一文字波止にて『MFG中国懇親波止チヌ釣り大会』(MFG=マルキユーファングループ)を開催いたしました。 県外からのご参加も多く、遠くは関西からもご参集いただき、女性、オブザーバーを含む総勢50名での開催となりました。

大会はクジで『草津一文字』『白灯台』『似島一文字』の3ヶ所の波止に分かれ、競技時間6時間で釣り上げたチヌ3匹重量で競っていただきました。

当日の朝は天候も良く釣り日和。前情報ではチヌが良く釣れてる波止もあり、前日まで暖かい日が続いていましたので朝一からヒット! を予想していましたが、各波止ともに苦戦の様子・・・。それでも凄腕MFG会員の皆様、食い渋るチヌを何とか釣り上げます。

和気藹々とした雰囲気で行われました今大会、途中で「あっちの波止は3匹釣れてる人まだいないよー」などの情報が入り、まだチヌの顔が見れてない方にも入賞の可能性が十分にあり、最後まで熱気は冷めず皆さん必死だったようです。

女性参加者がいらっしゃるということで、船長のご配慮で試合途中にトイレ休憩の見まわりにも行ってくださり、本当にありがとうございました。

今大会は波止の横取り方式で順位を決定。見事優勝されましたのは、草津一文字にあがられ2匹の良型で3,100gを釣り上げられました流芳 孝様でした。おめでとうございます。

上位2名の方々には、10月開催予定の『チヌフェスティバル in 広島』の決勝大会出場権も進呈されました。こちらのご活躍も期待いたします!

総評では、中西インストラクターによる新製品『チヌパワー激重』の説明があり、選手の皆さんは「次回はこの重いマキエサでリベンジしたい!」と話されておりました。

この度は寒い時期の開催にも関わらず たくさんの方にご参加頂きましたことに感謝申し上げます。大変お疲れ様でした。 また細部にご配慮頂きました渡船店「せと丸様」、「ひろみ丸様」 大変お世話になり、ありがとうございました。

(報告/MFG中国役員 村上千春)

◎《大会結果》◎

MFG中国懇親波止チヌ釣り大会上位入賞者

優勝 流 芳孝  3,100g(2匹) 
2位 波多瑞紀  2,960g(3匹)
3位 吉本 真  2,960g(3匹)
4位 立石 進  2,720g(3匹)
5位 田中伸二  2,500g(3匹)
6位 江村 洋  2,220g(2匹)
7位 小野川浩史 2,660g(2匹)
8位 丸田伸二  2,420g(3匹)
9位 鳳利 博  2,140g(3匹)
10位 小川達也 2,660g(3匹)
レディース賞 松島エリカ 620g
(敬称略)

MFG中国懇親波止チヌ釣り大会 広島湾



The following two tabs change content below.
釣りぽ編集部
釣りぽ編集部
釣りぽ編集部スタッフです。編集部ならではの企画記事や大会リポート、釣行リポートなどをお届けします。大会リポートについては大会関係者から送られたものを「釣りぽ編集部」として掲載していることもあります(※本文最後に報告者を記載)。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする