タイジグで大型アコウキャッチ!/小呂島沖(福岡県福岡市)

シェアする

前回の釣行(レジャーフィッシング11月号掲載)ではマダイや青物がよくヒットした小呂島沖へ再び出撃。しかし、この日は釣況が芳しくなく狙いを底モノにチェンジ。

すると運よくアコウの生息域にアタリ連発! 2㎏級の大型アコウもキャッチできた。

今回使ったのはタックルハウスから新発売の『タイジグ』。真鯛をはじめさまざまな魚がターゲットで、タイラバと同じようにボトムをとってから一定速度のタダ引きでヒットする。

また水平フォール中でのヒットも多く、タイラバと違ったアプローチで楽しめる新アイテムだ。

《マップ》

※マップの釣り場の大まかな場所です。釣れたポイントとは異なります。自己責任の元、十分に注意して釣行してください。

《釣行メモ》

釣行日 2017年9月24日
潮汐 中潮
 満潮  11時48分
 干潮  05時15分
(小呂島)

《使用タックル》

竿 ラグゼ オーシャン ジグドライブS62ML-RF がまかつ
リール ステラ4000XG シマノ
ライン スーパーブレイド5 2号 サンライン
リーダー システムショックリーダー フロロ35lb サンライン
フック フロント:アシストフック#1/0 リア:トレブルフック#4
ルアー タイジグ60g タックルハウス 

The following two tabs change content below.
久田 泰洋
久田 泰洋
(ひさた たいよう)。ソルトルアー歴は約20年 オフショアへ年間40回ほど出ています。よく行くフィールドは博多湾、伊万里湾から平戸島沖、大村湾、天草沖、沖縄。狙う魚種は季節ごとにターゲットを絞り込み、旬の魚を狙っています。タックルハウス フィールドテスター。
編集部のオススメ

シェアする

フォローする