かかり釣りで56cmの大型チヌ/北灘湾(愛媛県宇和島市津島)

シェアする

スポンサーリンク

数日前にも釣行したのですが釣れず悔しい思いをしたので、少し天候は下り坂ではあったが、3月21日に愛媛県宇和島市津島町北灘湾の「チヌ屋くまさか」さんにリベンジに来ました。

渡船での道中に周りを見渡すと数日前とは明らかに咲いている量が違う山桜にビックリしつつ、本日のポイントに渡して頂きました。この沖のカセではあるが他より少し水深が浅く28メートルほど。

まずはダンゴの準備から。水深があるのでできるだけ竿下にポイントが作れるよう大きめなダンゴをたっぷり投入。魚を寄せることに欠かせないマルキュー『活さなぎミンチ激荒』もたっぷりアンコにして入れます。

一通り準備が整い実釣してみるとなんとなく雰囲気が良い感じ。竿下に魚っ気を感じ、ダンゴの集魚効果を実感します。

釣り進めていくと突然アタリ! すかさず合わすと良く引くがチヌではなさそう。姿を見せたのは40cmほどの真鯛。

気を取り直し釣っていると、またアタリ。モジモジとチヌっぽいと思いながら待っていると押さえ込んだ! 間髪入れず合わすと先程とは違う引き! チヌと確信しやり取りを楽しみました。

水面に姿を見せたのは丸々と肥えた50cmほどの「年無しチヌ」。前回釣れなかっただけにめちゃくちゃ嬉しい1枚目です。

その後はダンゴ周りに寄って来ているチヌ、エサトリを散らすことなく丁寧な釣りを意識しました。

時折、真鯛、カワハギ、フグが針に掛かってくる中、お昼過過ぎに48cmの本命を仕留めたところで、船長から「雨風が強くなりそうなので、安全のために3時撤収」との連絡が入ります。

その後、時間が気になり素針を引く回数が増え、柔らかいエサではエサトリに取られる回数が増えることから再度集中して行きます。

サシエサを実績が高く、エサ持ちの良い『食わせ丸エビイエロー』にローテーション。するとダンゴが割れて小さいアタリが。食い込まないが「エサはまだ残っている」と思い待っていると、モジモジとアタリ! ハッキリと押さえ込んだところで合わすと重たい!

愛用の「黒鯛工房」正木モデルのロッドで魚を浮かせ素早く巻き寄せるが、良く引きます! ラインは「シーガー筏ちぬスペシャル3号」を巻いているので不安なくやり取りを楽しみました。

無事タモに収まったのは明らかにデカイ! 検寸すると56cmの大物だった。あと少しだけ時間があるので追加を狙いましたが後が続かずタイムアップとなりました。

結果48cm、50cm、56cmのチヌを仕留める事が出来、満足の釣行となりました。

北灘湾 大型チヌ かかり釣り

北灘湾 ポイント

《マップ》

※マップの釣り場の大まかな場所です。釣れたポイントとは異なります。自己責任の元、十分に注意して釣行してください。

《釣行メモ》

釣行日 2018年3月24日
潮汐 小潮
 満潮  11時16分
 干潮  18時10分
(宇和島)

《使用タックル》

竿 カセ筏師 THEアスリート SAMURAI MM 158 黒鯛工房
リール カセ筏師 THEアスリートレーサー 黒鯛工房
道糸 筏ちぬスペシャル 2号 シーガー
ハリ  ザ・ROCK(ロック) 11号 オーナーばり

使用したハリやライン

《エサ》

サシエ くわせ丸エビイエロー、くわせオキアミスペシャルチヌ、くわせオキアミスーパーハード、くわせ丸エビ、食い渋りイエロー、活丸さなぎ 、活さなぎミンチ激荒 マルキユー
マキエ 赤だんごチヌ、コーンダンゴチヌ、紀州マッハ攻め深場、速戦爆寄せダンゴ、荒びきさなぎ、活さなぎミンチ激荒 マルキユー

マルキユーダンゴ

使用したマキエ(ダンゴ)

色々なサシエを使い分けて大型チヌをキャッチした

《利用渡船》

チヌ屋くまさか
The following two tabs change content below.
山本 孝義
山本 孝義
(やまもと たかよし)。香川県在住。かかり釣りをメインに楽しむ。マルキユーフィールドテスター、シーガーテスター。飛潮会所属。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする