ルアーでオオモンハタ、カサゴ、ヤズ!/御荘湾 ウドンバエ(愛媛県愛南町)

シェアする

About Author
御荘湾 オオモンハタ

御荘湾でヒットした良型のオオモンハタ

2018年3月3日、フカセ釣りの名手・吉田賢一郎さんと愛媛県は御荘湾へ。この日の吉田さんのメインターゲットはフカセで狙うチヌ。午前7時過ぎに「ウドンバエ」という磯に渡礁して釣りを開始すると、早々にチヌがヒット! そこからは大型のチヌ、マダイ、グレが次々に釣れて取材は大成功!

「もうじゅうぶん画は撮れたでしょ? ちょっとお昼休憩にするからルアー投げてみてくださいよ」と吉田さん。

橋本渡船の船頭さんから「青物も釣れてるからルアーを持ってきてもいいかもね」と言われていたので、ちゃっかりルアータックルを持参していたのです。

まずは根魚狙いで『炎月 投式』の35gをセットし、沖に向かってフルキャスト。ボトムまで沈めたらリトリーブ(ハンドル10回転ほど)し、カーブフォールで再びボトムへ。そしてリトリーブ……を繰り返していると、いきなり「ゴンッ!!」と強烈なアタリでヒット。

ゴリ巻きで寄せて抜き上げたのは、グッドサイズ(40cmほど)のオオモンハタ。これに気をよくして投げ倒していると、次は20cmほどのカサゴ(写真なし)が連続でヒット。

「根魚パラダイスですね。あ、青物が回ってきましたよ」との吉田さんの言葉に海を見ると、磯際に溜まっていたキビナゴめがけてヤズが猛アタック! すぐにルアーを投入するとまんまとヒット! ここで吉田さんのお食事タイムが終わったためストップフィッシング。

竿を出したのはわずかな時間でしたが、オオモンハタにカサゴ、ヤズをキャッチ。御荘湾の魚影の濃さを改めて実感しました。チヌやグレのフカセ釣りだけでなく、ルアーでも楽しめるポイントです! シーズンに入るとアオリイカもエギングで狙えるようです。

なお、吉田さんのフカセ記事は2018年4月5日発売のレジャーフィッシング5月号にて紹介します。お楽しみに♪

御荘湾 ヤズ

ヤズもヒット! ハマチ〜ブリクラスも回遊してるようです




 《マップ》

※マップの釣り場の大まかな場所です。釣れたポイントとは異なります。自己責任の元、十分に注意して釣行してください。

《釣行メモ》

釣行日 2018年3月3日
潮汐 大潮
 満潮  08時20分
 干潮  14時15分
(宇和島)

《使用タックル》

竿 ボーダレス 並継キャスティング仕様 305H6 シマノ
リール EM MS 3012 ダイワ
ライン パワープロZ 1.5号 シマノ
リーダー BASIS EXフロロ 6号(約1m) シマノ
ルアー 炎月 投式Ⅱ 35g シマノ

《利用渡船》

橋本渡船

シェアする

フォローする