ジギングの聖地でデビュー/怒和島諸島 クダコ(愛媛県松山市)

シェアする

がんばってキャッチ! デビュー戦をカッコよく? 飾ってくれました

この日は娘のジギングデビュー。せっかくならば! とジギングの聖地である「クダコ」をその舞台にしました。

釣りには親しみがある娘ですが、これまでのはお手軽な波止ばかり。きっとタックルもシャクりもそしてファイトも初めての経験となるでしょう(笑)。

今回は「怒和島マリンサービス」さんにお世話になって釣り場へ。7時過ぎのスタートとなりました。水深50m前後から20m前後まで駆け上がっていくエリアを釣るのでワンピッチジャークでもいいのですが、それなりに早いピッチでのシャクリが必要です。

まずはベイトタックルを使ってもらいましたが、彼女にはオーバーパワーすぎてうまくシャクれないことが分かったのでスピニングタックルで……と思ったら、これもまたしんどそう。

使うジグは最軽でも160gですからねぇ。

クダコ ジギング シャクリ

シャクるのも全力の娘

がんばって全身を使ってシャクっていく娘。アタリはあれどもタックルが重いのでフッキングできないし、掛かってもこの時期のヤズはコンディションがよくウエイトが乗っているのでパワーがあり、力負けしてバラしてしまいます。

「くやしー!」

めげるどころか燃えてきた娘。全身から出る「釣りたいオーラ」。遺伝でしょうか(笑)。

私もなんとか1匹釣らせてやりたいと思い、手伝うことにしました。

180gのセンターバランスのジグをワンピッチジャークのスピードをいろいろ試しながらなら釣っていくとヒット! 今度は逃すまい! と全身全霊でファイトする娘。

クダコ ジギング ヒット

ヒットしたらこの状態です

上がってきたのはヤズですが、彼女にとって初めての「青物」。とっても素敵な笑顔を見せてくれました。

こうして娘のデビュー戦は大成功。

私も含め、同船した方の釣果ですが、この日はブリは出ずにお腹が肥えたヤズクラスがメインでした。でも漁師さんは10kgオーバーのブリを上げているので私たちはその10kgオーバーを目指して今後も毎月通います!

奥田広美

私はこのサイズをキャッチ。母の威厳?

次回はベイトタックルでカッコよくいきたいそうです



《マップ》

※マップの釣り場の大まかな場所です。釣れたポイントとは異なります。自己責任の元、十分に注意して釣行してください。

《釣行メモ》

釣行日 2017年8月26日
潮汐  中潮
 満潮  11時50分
 干潮  05時40分
(松山)

《使用タックル》

竿 ジギングロッド(ロッドパワー#3から4)
リール ステラ8000HG シマノ
ライン PEライン 3号
リーダー フロロカーボン 60lb
ジグ セミロング、ロングジグ 160〜300g

《利用渡船》

怒和島マリンサービス
The following two tabs change content below.
奥田 広美
奥田 広美
かめや釣具スタッフ。オフショアジギングに精通した女性アングラー
編集部のオススメ

シェアする

フォローする