スポンサーリンク

2021年 外房・基吉丸 イシナギ釣り開幕/外房・勝浦川津漁港沖(千葉県勝浦市)

めじろん号

釣歴30年、得意なジャンルはキスの投げ釣りと船釣り全般です。特に、最近は全国各地でタイラバで遊んでます。メインフィールドは北部九州及び北海道です。海、淡水問わずいろいろな釣りにチャレンジし、特に、海釣りにおいては北海道のタイラバの普及、レバーブレーキを使用したスピニングタイラバの普及等に力を入れてます。

めじろん号をフォローする


今回もイシナギ調査釣行ということで、昨年たくさんイシナギを釣ることができた千葉県、外房の川津漁港からイシナギ釣りで出港する「基吉丸」さんにお世話になりました。

こちらの船は毎年5月末頃から8月初旬頃まで、深海魚であるイシナギの産卵に伴う接岸の際に、イシナギ乗り合いを出しています。

船長はイシナギの生態や釣り方を熟知しており、非常に操船も上手く、多くの実績を挙げられています。

過去には100キロオーバーの大型も釣れており、近年ではそのような大型の数は減ったそうですが、20キロオーバーのものであればかなりの確率で上がっています。

 

今回も昨年と同様に、エサのスルメイカを釣って、それからイシナギを釣るという流れでした。

イシナギ釣りの制限が10時30分までとなっているので、朝の短時間でエサのスルメイカを確保しなければならないので忙しいところです。

特に、最近はこのエサとなるスルメイカの確保が大変で、全く釣れないこともあるので、そのため保険として事前に皆イカを買ってくるというようになっています。

今回も案の定、イカが渋く、前回よりも良かったものの、フォールでのヒットのみでかなり状況が悪かったです。

何とかここでは拾い釣りに徹しながら、6ハイのスルメイカを確保できました。

結局、スルメイカは船中8ハイで、イシナギの釣り場に向かうことになりました。

※スルメイカの釣り方については後述しています。

 

ポイント到着後、しばらくしてスルメイカのライブベイト(生き餌)でやっていたミヨシの常連さんにイシナギらしきアタリがあったもののラインブレイクしました。

 

その後ももう一度ラインブレイクして、何だろうなと思って、棚を取りなおしているといきなり竿を持っていかれました。

アタリからイシナギと判断でき、引きの強さから20キロを超えているのではと思い、慎重にやり取りを始めました。当初は10m程ラインを出され、止まったところで反撃を開始しました。

糸が船の下に入り込んでいたので、若船長の操船で何とか払い出すようにしてもらい、ポンピングで上げてきたところ、16.6ロの良型のイシナギでした。

1年ぶりのイシナギ、しかも今年の船宿の第1号だったのでとても嬉しかったです。

勝浦 釣れたイシナギ 外房

 

                                            
1本取れて満足したので、隣で釣っていた釣り仲間に生きたスルメイカをおすそ分けして、釣っていると艫の方からヒットの声が。

よく見ると釣り仲間の竿が大きく曲がっていました。

電動でなんとか巻き上げようとしていたので、急いで自分の仕掛けを上げ、ドラグの調整ややり取り等をサポートしました。

10分程して上がってきたのは20キロ程のイシナギ! 釣り仲間は昨年から3度目の挑戦でやっとイシナギを釣ることができたので、自分のことのようで嬉しかったです。

 

その後、また釣り仲間にアタリが来て、上がってきたのは3キロ程のメダイでした。

潮が止まって全く魚が食わないなと思っていると、スルメのデッドベイトでやっていた大船長にアタリが来ましたが、これは食いが浅かったためか、バレてしまいました。

その後はアタリがなく10時30分頃に沖上がりしました。

 

今回はイシナギを釣れただけでなく、釣り仲間にイシナギを釣ってもらえたのがとても嬉しかったです。

やはり、生きたスルメイカを釣ることができなければ、イシナギは釣れないようでした。

大船長も言うように、ライブベイトとデッドベイトでは、食いが圧倒的に違うので釣果に大きな差が出るそうです。

 

やっと始まったイシナギ釣り、今年は昨年釣った54キロを超える70キロ超の魚を釣りたいです。

イシナギ

イシナギ釣りの参照サイト

イシナギの釣り方等(釣りぽ)

日本の釣りにしらしんけん】(筆者のサイト)

https://tyokinbako9901.jp/archives/1070 →細部仕掛け等の説明を載せています。

https://tyokinbako9901.jp/archives/1091 →本文中で仕掛け等の説明を入れています。

https://tyokinbako9901.jp/archives/1106 →昨年50キロ超を釣った時のレポートです。

《釣行メモ》

釣行日 2021年5月23日
潮汐 中潮
 満潮  14時20分
 干潮  08時11分
(勝浦)

《使用タックル》

竿 (イシナギ用)スタンディングディープ 195S
(エサのスルメ用)スクイッドロゴス155H
剛樹
リール (イシナギ用)19ビーストマスター6000 シマノ
道糸 (スルメ用)16シーボーグ300MJ ダイワ
オモリ

(イシナギ用)PE 10号
(スルメ用)PE 3号

 
ハリ 泳がせ30号、石鯛鈎20号  

《エサ》

サシエ スルメイカ  

イシナギのエサのスルメイカの釣り方について(勝浦沖の釣り方)

勝浦沖のイシナギ釣りでは先ずスルメイカを釣ります。このスルメイカは毎年あまり数が釣れず、しかもサバの猛攻だけでなく、サメにも邪魔をされてしまいます。

狙う水深は150~180mで、錘は150号を基準とし、ブランコ仕掛けで狙います。

 

よくスルメイカを釣れない人がやっているのは、直結仕掛けを使って、巻き上げで釣ろうとしていることです。

イカの状況が常に渋く、底付近にしかいないのに、いくらサバを避けられるとは言え、上げで食わせる釣りの仕掛けである直結仕掛けを使うのは愚の骨頂だと常々感じています。

ブランコ仕掛けにせよ、サバの猛攻をかわすには、18センチの大型のプラヅノを使わなければなりません。18センチならサバが中層でかかっても、そのまま落とすとサバが外れることも多く、丸飲みは余程のことがない限りありません。

ブランコ仕掛けもプラヅノの数が、7本だとサバが良くヒットしてしまうので、概ね4~5本の仕掛けでやらなければならなりません。

ほぼ毎回他の乗船者よりも多くのイカを釣って、イシナギも数を釣っていますが、イカの釣果がイシナギの釣果に直結するぐらい、イカ釣りは重要です。

 

私のやり方は、北海道の職漁船に狙われてすれているイカを釣るために編み出した方法で、誰よりも速く仕掛けを落とすことで、イカに仕掛けを見せて巻き上げで追わせて、フォールで食わせるようにしています。

巻き上げで稀に乗ることがありますが、通常は底から最大15mまで巻き上げて、潮の状況により、1~2mずつ仕掛けを止めながら下げて、イカをリアクションバイトで乗せます。

 

水中ライトに関しては、いつも青色を使っています。北海道の頃から、使用している『流星Ⅱ』というルミカから販売されているものを使用しています。

この水中ライトでないとダメなわけではなく、釣れる可能性が少し上がる程度です。

 

イシナギ釣りに来る人のイカ釣りのタックルを見ていると、竿が柔らかい人も多く、あまり柔らかい竿だと水深が深くなるとアタリが取りづらくなるので、私はやや硬めで錘180号で最適となる剛樹の短めの竿を使っています。

タックルの軽さと硬い竿を使うこと、そして糸を細くすることにより、フォールの速度を上げ、サバを回避するとともに、潮切りを良くしてアタリを感じ取れるようにしています。

渋い状況においてフォールでイカを乗せるには、イカ釣りのタックルも最高クラスの物を使う必要があると思います。

このタックルのおかげで毎回フォールでのヒットをかせぎ、イカを確保することができ、イシナギの釣果も上げることができています。

それぐらいこの海域でスルメイカ等を釣るには、釣り方や道具にこだわる必要があります。

イカを釣れない人には、イシナギは絶対に釣れないと言えるぐらい、イカ釣りはイシナギ釣りにおいて重要です。

タイトルとURLをコピーしました