つりジェンヌ 第4回女性だけのキス船釣り in 鐘崎漁港

シェアする

スポンサーリンク

釣りジェンヌ 集合写真

●主催/女性だけのキス船釣り大会実行委員会
●後援/つりジェンヌ、宗像市、宗像漁業協同組合、うみんぐ大島支援協議会、福岡県釣り団体協議会、全九州釣ライター協会、有名釣具店、釣具メーカー各社、報道各社
●協賛/(公)日本釣振興会九州地区支部・福岡県支部

2017年7月8日(土)、福岡県宗像市鐘崎漁港で女性アングラーだけの釣り大会『つりジェンヌ 第4回女性だけのキス船釣り in 鐘崎漁港』が開催された。昨年は天候不良のため中止になったので、2年ぶりの開催となった。当日は98名の釣りキャリアも年齢もさまざまな女性アングラーが鐘崎漁港へと集結した。

ルールは釣ったキスの総重量(使用する竿は1本、仕掛け、エサ、クーラーボックス、氷は各自用意)で順位を決するというもので、他魚による特別賞も準備された。またタックル、ライフジャケットも事前申込でレンタルできるシステムを設け、ビギナーも参加しやすいよう配慮されていた。

1船に5〜6名(ポーターも乗船してビギナーのサポートを行う)が乗って鐘崎漁港を出発して8時から12時までの4時間の釣り。前日までの雨で濁りによるキスの食いの悪さが懸念されたが、船長のポイント選択と腕利き女性アングラーのテクニックで好釣果連発。船上は終始に大賑わいだった。

今回はゲストとして阪本智子さん、郷原未来さんが参加し、2人ともに好釣果を上げていた。

阪本さんは「初めて参加させてもらいましたが、こんなに女性がたくさんの大会はなかなかないので華やかですね! 一緒にみなさんと過ごせて本当に楽しい1日でした。海も魚影が濃くてすごい場所だと思いました。またぜひ参加させてほしいですね!」と大会の感想を語ってくれた。

表彰式ではクーラーの効いた室内で行われ、豪華賞品の授与とともに、お楽しみ抽選会、じゃんけん大会、参加賞の配布など盛りだくさんで盛況のうちに終了となった。

良型のダブルヒット

良型のダブルヒット。快晴にも恵まれ海上でも暑いほどに

ジュニアアングラー

ジュニアアングラーも船酔いに負けず奮闘! 初めての船釣りだったとか

阪本智子ダブル

「本気モードで釣って28匹をキャッチした阪本智子さん

郷原未来さん

ゲストの郷原未来さんもこの釣果!

◎《大会結果》◎

優勝 溝口 和香子 990g
2位 柴崎 詠美 920g
3位 江見 麻里子 830g
4位 前田 朱美 820g
5位 松本 美樹 790g
(3位の阪本智子さんが辞退のため、順位繰り上がり)

特別賞
濱崎 久子 カワハギ600g
中村 美穂 カワハギ450g
古賀 志保 カワハギ400g

優勝溝口さん

優勝の溝口さん。高級和牛肉をゲット

2位の柴崎さん

2位の柴崎さん

3位の江見さん

3位の江見さん

4位の前田さん

4位の前田さん

5位の松本さん

5位の松本さん

阪本智子表彰

阪本さんは3位だったが辞退し、賞品も抽選会へ

特別賞の濱崎さん

特別賞の濱崎さん

特別賞中村

特別賞の中村さんは娘さんが代わりに授与

特別賞の古賀さん

特別賞の古賀さん

大会ギャラリー

宗像市の鐘崎港

会場は宗像市の鐘崎港

大会実行委員長の吉田さん

開会の挨拶は大会実行委員長の吉田さん

渡船乗船

いざ出発。船にはポーターも乗船してサポート

1船5〜6名の乗船

1船5〜6名の乗船

ゲスト参加の阪本智子さん。参加者とパシャリ

ゲスト参加の阪本智子さん。参加者とパシャリ

キスを持つ女性アングラー

腕利き女性アングラーなので釣果は必然

阪本智子とカワハギ

智子さんが釣り上げたのはなんと良型カワハギ

撮影中の阪本智子

TV番組クルーも阪本さんの釣りっぷりに驚いていた

各船とも熱気ムンムン

各船とも熱気ムンムン

キス持つ女性

誘ったり、止めてみたりとテクニックを駆使してキスを追加

検量中

検量はスタッフが厳正に行った

仲間で参加。みなさん好釣果

仲間で参加。みなさん好釣果

表彰式は室内

表彰式はクーラーの効いた室内。うれしい配慮

塩サイダー

吉田さんが宗像市へかけあって、参加者全員分用意した宗像市の新しい物産品「塩サイダー」

タカミヤ上田社長

タカミヤの上田社長も来場

坂本さんと郷原さん

トークショーなどでも会場を盛り上げたゲストの2人。珍しい組み合わせかも

The following two tabs change content below.
釣りぽ編集部
釣りぽ編集部
釣りぽ編集部スタッフです。編集部ならではの企画記事や大会リポート、釣行リポートなどをお届けします。大会リポートについては大会関係者から送られたものを「釣りぽ編集部」として掲載していることもあります(※本文最後に報告者を記載)。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする