スポンサーリンク

釣魚料理/マダコの下処理(ヌメリ取り&下茹で)方法

釣りぽ編集部

釣りぽ編集部スタッフです。編集部ならではの企画記事や大会リポート、釣行リポートなどをお届けします。大会リポートについては大会関係者から送られたものを「釣りぽ編集部」として掲載していることもあります(※本文最後に報告者を記載)。

釣りぽ編集部をフォローする

釣れたマダコをおいしく食べるための下処理方法を紹介します。

今回はマダコのヌメリ取りと下茹で(茹でダコ)のやり方を紹介します。

 

釣れたマダコはネットに入れてからクーラーに収納すると、持ち帰ってからも取り出しやすいです。ネットに入れると万が一の脱走の防止にもなります。

マダコの下処理

活きたマダコは扱いづらく鋭い口で噛まれることもあるので、目と目の間の眉間に包丁を入れてまずは締める。

マダコを締める

 

頭(胴)をめくって内臓をすべて取り除く。このときに目とクチバシを取ってもよい。

右が取り除いた内蔵

 

たっぷりの塩でもみ洗いしてヌメリや吸盤の汚れを取っていく。塩の代わりに片栗粉を使ってもよい。

マダコ ぬめり取り 塩
塩をたっぷりふりかける
マダコ 下処理 片栗粉
片栗粉でもヌメリが取れる

 

ヌメリが取れたら流水できれいに洗う。触ってみてまだヌメリがあるようならを繰り返す。

 

 

マダコの下茹で(茹でダコ)

大きめの鍋にお湯を沸かし、足からゆっくり入れていく。お湯の温度を急激に下げないように、足を数回出し入れしてから頭まで入れる。

マダコ 下茹で 茹でダコ

 

ひっくり返しながら茹でる。1㎏前後のマダコなら5〜6分で引き上げると茹でダコの完成

マダコ 茹でダコ

タイトルとURLをコピーしました