ウキサビキでアジ釣り/笠柄の波止(島根県浜田市)

シェアする

スポンサーリンク

竿はシマノ『ボーダレス』。1.5号くらいのパワーがあるのでサビキも楽々こなせます

ウキサビキでアジ釣り

浜田市への帰省の空き時間で釣りに出かけました。

手軽にできて、釣果も期待できて……ということでサビキ釣りで小アジを狙うことに。

釣ったアジは唐揚げにしていただく算段です。

さっそくどこがいいかを釣具店に寄っておうかがいすると、浜田漁港の各所で釣れているとのことで車を走らせました。

浜田漁港は大きく、釣り場になる波止が点在しています。その中の西端にある笠柄の波止へ行ってみると、たくさんの方がサビキで小アジを釣られていました。釣り座もたくさん空いているので、これはチャンス! と竿を出すことに。

海を見ると浅いタナに小アジの群れいて、アミエビを撒くとすぐに集結。効率よく釣るためサビキ用のウキを使って仕掛けのタナをキープして狙ってみました。

ウキでタナをキープ。アタリも分かりやすいです

投入すると簡単に小アジがサビキに掛かってきます。でもなぜか毎回1匹ずつ。

こんなに簡単に掛かるのでダブル、トリプルヒットを期待するのですが、1匹掛かるとほかのアジが警戒するのか不思議と掛からなくなります。

1匹掛かるとアジが暴れてサビキが動くので追い食いすることもあるんですが、ここの小アジたちは警戒心がめちゃくちゃ強いようです。

そこで1匹ずつ手返しよく釣って家族で食べるぶんだけキープして終了しました。

サビキ 小アジ ヒット

網付の水汲みバケツならスカリにもなるのでアジが生きいき

網付の水汲みバケツならスカリにもなるのでアジが生きいき

ここは車も近くに停めることができ、かなり手軽に釣れるのでファミリーでの釣行にピッタリです。

エサ・アミエビとサビキのサイズ

2人くらいで1時間程度釣るなら、アミエビは1kgあれば十分でしょう。

アミエビは冷凍ブロックを解凍したものもありますが、常温タイプでいつでも使える『にぎっていれるだけ』(ヒロキュー)や『アミ姫』(マルキユー)もあります。これは手を汚さずに簡単にカゴに入れられるので便利です。

アミエビ にぎっていれるだけ 常温

常温タイプのアミエビなら手を汚さずにカゴに入れられる

サビキのサイズはアジが小さいこともあり4号でよい感じでした。スキンのカラーはピンクとホワイトを使いましたが平均的に食ってきました。

まだまだ暑い日が続きます。水分、塩分補給をしながら、適度に休憩を入れて釣りを楽しんでください。



スポンサーリンク

《マップ》

※マップの釣り場の大まかな場所です。釣れたポイントとは異なります。自己責任の元、十分に注意して釣行してください。

《釣行メモ》

釣行日 2018年8月14日
潮汐 中潮
 満潮  14時01分
 干潮  06時48分
(浜田)

《使用タックル》

竿 ボーダレス495M-T シマノ
リール セドナ 4000 シマノ
道糸 磯スペシャル TECHNICIAN NEO 3号 サンライン
ウキ止め 3色うき止めゴム 第一精工
シモリ玉 ミラーシモリ キザクラ
ウキ サビキ潮見 15 キザクラ
サビキ かめやオリジナル ショートサビキ ピンク3本鈎 3枚セット 4号 かめや釣具
マキエカゴ 15号

《エサ》

マキエ にぎっていれるだけ ヒロキュー
The following two tabs change content below.
編集部 石橋
編集部 石橋
(へんしゅうぶ いしばし)。レジャーフィッシング編集部スタッフ。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする